沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

房総・小櫃川キンダン川

※遡行日: 2007・12/12(水) 晴れ ※2万5千地形図:上総中野
※遡行場所:房総・小櫃川キンダン川※メンバー:塾長、Hさん、mogu
※ルート:木更津〜(車)〜清澄温泉跡〜小櫃川入渓11:00〜キンダン川出合い11:25〜キンダン川遡行〜220m付近14:35〜枝尾根仕事道〜四方木集落15:00〜(車道徒歩)〜清澄温泉跡15:40着〜七里川温泉〜木更津解散
※立ち寄り湯:七里川温泉
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止


渓友塾の初級の講習は終わりましたが、12月と1月に千葉の沢登りが渓友塾の「沢歩き倶楽部」に載っていた。去年、他の人達が行ったキンダン川にいけなかったので、今年はと思っていましたが申し込みが私1人・・・諦めていたところ塾長から連絡を頂き、去年沢とも会で一緒だったHさんに連絡をとったら行ってくれることになり、一年振りに木更津の駅で再会。元気に沢登りを続けているお話しを聞きました。

木更津から一時間少し走り七里川温泉の前を通って入渓点に向かう。千葉県に住んでいてもなかなか房総の方は来ないので何処を走っているサッパリ判らない。後で地図をみたら鴨川に抜ける道房総もなかなか山深い所です。清澄温泉後と言うところに車を駐めて入渓準備。去年キンダン川に行ったIさんからは、土管の中を歩いているようだよと言われどん所だろうと興味津々。


県道81号線、鴨川に抜ける道沿いの温泉後で支度。

お天気も良く道路から小櫃川に下りる、地形図を見ても平坦だとは判っていましたが、何とも不思議な風景。沢登りというよりは沢歩きですね、水量も少なくでこぼこした川床は気を付けて歩かないと滑りそうだし所々深いところもあるので足を取られないように慎重に歩く。右に支流かと思ったら川廻し「川廻し(かわまわし)とは、千葉県上総地方で多く見られる、蛇行した河川を人工的に短絡させて農地に転用する工法である。」というトンネルでした。

入渓
小櫃川入渓・・・平坦でも川床はでこぼこしている

川廻し
小櫃川の川廻し・・・

しばらく歩いていくと川岸に土管が建っていて何かと思ったら温泉が湧いている。手で触っても熱くはないけどかすかに硫黄の匂いがします。ここはすぐ上をある白岩温泉の源泉だそうです。

温泉
河原に温泉が湧いている〜触ってみたけどぬるい

そこからすぐにキンダン川の出合い、3:1位の水量といってもほとんど無い状態で、傾斜がないから流れもあるかないかぐらいで所々にある瀞には小さな魚が泳いでいる。沢は蛇行していて土砂が多く落ち葉も凄く多い、キンダン川にも川廻しが有りますが崩れてしまっている。半分土砂に埋まっていて流れもなくそこをくぐっていく。

川廻し
キンダン川の川廻し・・・

川廻しから先は平凡な河原歩きが続き、二俣を過ぎた当たりからゴルジュ帯になってきて両岸が狭くなってきた。これがキンダン川独特の風景なのねぇ〜土管の中と言うよりは、井戸の中みたいな感じで両側から崖が迫り今まで遡行した沢には無い風景に目を見張りました。


河原歩きが続き二俣を過ぎると・・・・

こんな風景が待っていた。

長い年月、水が削ってこういう形になったのだなぁと歩きながら思った。沢床はアスファルトのようなナメ。それと枝沢の切れ込みが深い、標高も無いしほとんど平坦なのだけどね。塾長は千葉の沢は枝沢に入ると登れないところがあり行き詰まるから、下手に枝沢には入らない方がよいそうで千葉独特の地形のように感じた。ほんとに面白いお天気が良いからまだ良いけど、これがお天気悪かったら本当に井戸の底って感じでしょうね。




地層がはっきりと判ります。

不思議な風景を見ながら歩いていくと二俣の先、蛇行している左側の木に赤テープが巻いてありそこで遡行終わり。



ここから尾根に登って仕事道を歩いていく、所々不明瞭なのでしっかりと見ていないと迷うので注意。千葉の里山はみんな同じように見えるので侮れません。民家の青い屋根が見え車道に出ました。


廃屋の民家の軒先に出ます。

そこから車道を歩き車まで戻り、テレビで紹介され有名になった七里川温泉に寄り初めての千葉の沢登りが終わりました。千葉の沢は夏はヒルがいるし暑いのでシーズンオフに遡行するにはぴったり、探せば面白い沢が有りそうです。

※------------------- 〔moguのひとり言〕 --------------------------※
続きを読む >>
教室以外での沢登り | permalink | comments(5) | -

上越・東黒沢〜ウツボギ沢〜ナルミズ沢

※遡行日: 2007・8/24(金) 〜26日(日)晴れ※2万5千地形図:茂倉岳・藤原
※遡行場所:上越・東黒沢〜ウツボギ沢〜ナルミズ沢
※メンバー:T山の会3人・mogu
※ルート:
8/24(金)地元6:00〜(車)〜白毛門登山口駐車場9:30〜(徒歩)〜東黒沢入渓9:40〜(遡行)〜白毛門沢出合10:30〜金山沢出合11:25〜丸山沢〜1350m付近乗越14:30〜ウツボギ沢枝沢下降〜ウツボギ沢15:25〜ナルミズ沢出合15:35着(泊)
8/25(土)泊場7:00〜ナルミズ沢入渓〜(遡行)〜大石沢出合8:05〜1410m付近二俣9:30〜右沢〜1620m付近最後の二俣〜左沢〜大烏帽子岳鞍部11:00〜(笹藪漕ぎ踏み跡有り)〜1757m地蔵ノ頭11:45/12:10〜(笹藪漕ぎ踏み跡有り)〜ジャンクションピーク12:55〜(登山道)〜朝日岳13:20/13:50〜(登山道)〜大石沢出合14:55/15:10〜泊場16:00
8/26(日)泊場7:15〜ウツボギ沢〜ウツボギ沢枝沢〜(遡行)〜1350m付近乗越8:00〜大石沢下降〜(遡行)〜東黒沢下降〜白毛門沢出合11:35〜白毛門登山口駐車場12:50


6月の終わりの頃、山の会の人が他の会だけどナルミズ沢に行く予定が有るけど行きませんかと誘ってくれた。渓友塾の日程をみたらちょうど講習も無いときで空いていたので、行きたいと思ったのですがナルミズ沢がはたして私でも登れるのか心配になり塾長に「私でもナルミズ沢登れるでしょうか?」と聞いたところ「技術的には大丈夫だけど体力がいる沢だよ」とのお言葉でした。計画を聞いたところ本来は1泊の所を2泊でのんびりと遡行すると言うことなので参加させてもらった。でも、初めての方達との遡行なのでお互いに不安な事もあり、日帰りで水根沢に誘って貰い私の歩き方などを見て貰いました。

24日は私の車で地元6時出発、渋滞もなく順調に走り9時には白毛門登山口駐車場に着きました。ここで支度をして出発、去年の白毛門沢を思い出します。しばらくは登山道を歩き途中から東黒沢に入渓、水量去年よりは多い感じ、ハナゲの滝も水量が多くて迫力があります。

入渓東黒沢入渓

ハナゲの滝
ハナゲの滝20m・・・水量多い

ここはキャニオニングのメッカなので立派な巻き路が有りますが左を登っていく。登り切るとナメになりキャニオニングの人達がウォータースライダーをやっている。それを横目で見て登っていくと白毛門沢の出合いに到着、やっぱり去年より水量が随分多い。

ウオータースライダー
面白そうだけどね。

白毛門沢の出合いを過ぎるとナメになり小滝を登っていくとミニゴルジュが出て来た、一応へつってトライしますが無理だったので巻いた。次ぎに釜を持った樋状の滝を登りその後はナメ状の小滝の連続、どれもみなホールドスタンスがありロープ無しで登れる。

滝
ナメ滝と連瀑帯

H950で水量1:1で金山沢を右分けその後はナメナメの快適な登り、10m3段の連瀑も右から登り次ぎにここもナメ滝が出て来てここも快適に登る。H1035m付近の枝沢が出てくる頃になると沢巾も狭くなってきて、ここでこの枝沢が二俣と勘違いして右に入ってしまったが間違いに気づき戻る。この一本先の二俣でした、ここにはしっかりと赤布が有りここを右沢に入る。


しっかりと赤テープがある、ここを右に

ここから先小滝は有るが沢も細く倒木も多くなってく源頭が近い水が涸れてしばらく登るとH1350mの鞍部に到着。大きなブナの木があり笹藪ですがかすかに踏み跡があります、明後日戻る為に私達も赤テープで木に印を付けながら下る事にする。


ヤブをかき分け下降する枝沢に下りる。

少し下ると沢筋に出た、ヤブ沢ですが難しい下りもなく下っていくとウツボギ沢に出た、ここも快適なビバークサイトになりそうな所です。ウツボギ沢を少し下るとすぐに宝川・ナルミズ沢の出合いに到着。たくさんの人が使っているようでたくさんの焚き火の後があり、私達もここで泊まることにしました。早速ツエルトを張る、渓友塾ではタープですがT山の会はツエルト。ツエルトを張る張り方を初めて体験、木が無くても枝で充分張れるのですね。



T山の会には料理長がいて手早く夕食を作ってくださる。他の方もおつまみを作ってくれる、今回私は共同装備も持たず自分の飲む分のお酒とおつまみだけを持参でした(申しわけ有りません)。私に出来ることは薪集め位なので一生懸命集めましたがみんな取り尽くされてしまったのかあまり薪がない・・・それでもなんとかかき集めリーダーが火を起こしてくれた。料理長特製トマトの炊き込みご飯ナルミズ風とジャコとピーマンのおひたしも出来上がりを頂く、空を見上げると夕焼けが空を染め明日もお天気になりそう。



--------------------------------

今日も快晴!!朝ごはんはフランスパンにトマトとハムをはさみ頂く、私はどちらかというと食担苦手な方なので参考になります。今晩の夕食も楽しみだなぁ〜なんて思いながら出発の準備。またここに戻ってくるのでツエルト1張りは不要な物を入れてそのまま残し1張りは持っていくことにした。今日は土曜日、人気のビバークサイトなので多分誰か来ることを見越して、昨日集めた薪も集めて他の人に持って行かれないようにしておく。準備が整い出発すぐに入渓して河原を歩いていくと最初のミニゴルジュと滝が見えてきた、手前には深い淵があり右側をへつって対岸に渡り滝の脇を登るが、ホールドもスタンスも有るのでロープ無しでも登れますがここが今回の遡行で唯一緊張した所でした。後で判ったことですが、この場所が12年前に遭難事故が有ったところだった。

滝1
ここが事故の起こった所、写真の撮り方が悪いが手前には深い淵がある。

そこを過ぎたら快適な河原歩きが続き所々に小滝とナメと深い淵が出てくる、たいがいはへつりで通れますが難しいところは巻く。1時間ほどで大石沢の出合いに到着、一泊で遡行する人達はここまできてビバーグするようです。大石沢の手前で今日一日で遡行して帰るという2人の遡行者が来た。遡行している間この2人以外には遇わなかった、人気の沢で私達だけというのも珍しいのかも。

滝2
ほぼ平坦な河原歩きが続き、時々深い淵が行く手を阻む。

大石沢を過ぎ沢の中もだんだんと明るくなり、深い淵も水がコバルトブルーに輝きナメも歩きやすい。釜を持った幅広の滝などが出て来て飽きない。

滝3
釜を持った小滝とナメが交互に現れる。


樋状の淵と大烏帽子岳が見えてきた。

一箇所取り付けない3mほどの滝が出て来ましたが、右にしっかりとした巻き路が有りました。大石沢から1時間ほどで魚留めの滝に到着、ここは右側を簡単に登れる。

滝4
魚留めの滝

ここから二俣まではナメのオンパレード、早く登ってしまうのが勿体ないのでゆっくりと景色を見ながら遡行していく、これももう一泊できるという余裕だからですね。その日の内に帰るのだったらこんなにのんびりしていられない、T山の会の方達も3年越しの計画でやっと遡行できたそうで、最高のお天気のナルミズ沢をたんのうしていました。正面に何とも特徴的な山が見え何処の山だろうと地図を見て大烏帽子山にしては方角が違うな〜などと話しながら二俣に到着、後で判ったのですがその山は地蔵ノ頭という小ピークでした。


後でこの山の上でお昼を食べた。

二俣から右沢に入りそこからはずーーーーーーとナメナメナメが続き、だんだんと周りは草原になり稜線も見えてきてなんとも素晴らしい!!この沢の詰めが「天国に続く草原」と賞されているのが良くわかる。



奧の二又を左に取ると水もだんだんと涸れてきて踏み跡をたどっていくと本当に草原に出た!!右には大烏帽子山、風が草原の草を撫でていく・・・・本当に綺麗。ここで他の人達は沢靴を履き替え装備をザックに入れる。私は今回沢から沢なのでアプローチシューズを持ってきていないのでそのまま沢靴で下山。なんだか終わってしまうのが勿体ないようなすてきな沢で人気があるのが良くわかりました。


源頭はこんな素晴らしい草原

ここから鞍部に笹原の中の踏み跡をたどって登り、沢から見えた地蔵ノ頭で登ってきたナルミズ沢を見ながらお昼を食べる。ここからは二俣の左沢がよく見えて一直線に朝日岳に突き上げていた。見ただけでしんどそうな沢でしたが、後で泊場で一緒になったパーティはここを登って行ったそうです。でもナルミズ沢の良いところは絶対に右沢のあの草原。


腰丈くらいの笹藪、踏み跡はかすかにある。右は上から見たナルミズ沢

ジャンクションピーク
正面がジャンクション・ピーク

お昼を食べて目の前のジャンクション・ピークを目指します。地蔵ノ頭からいったん鞍部に下り、痩せ尾根を通り登る踏み跡はかすかに有る。笹原をかき分けかき分け登っていくと、ポンと登山道に出た。指導表を見ると私達が歩いて来た方面は巻機山に通じているようです。


登山道から下を見たら二俣がよく見えた。

ここから登山道を歩き朝日が原で下山する宝川の分岐にザックを置いて朝日岳に向かう。ひと登りで朝日岳に到着〜360度見渡せて展望抜群!!私達の後から馬蹄形を歩いているという2人組の男性が登ってきた。朝日岳の山頂にはウスユキソウの咲き終わりがたくさんあった。


朝日岳山頂からは谷川の馬蹄形がよく見えた。

名残惜しいけど下山します、分岐からの下り一箇所草付きの露岩帯で沢靴だと滑るので慎重に下りてやっと樹林帯に入りホッとした。大石沢出合いにはテントが見え若者の声が聞こえたので何組か露営しているようです。出合いからは水平の登山道になり薪を拾いながら歩き泊まり場に到着したら・・・なんとここにも3組の人達が露営していたのには驚いた。



ツエルト張っていって良かった、でないと張るところが無くなっていたかも知れない。そのうちの一組が12年前に遭難した方達のご遺族、慰霊で来ていて少しお話しを聞けたのです。この綺麗なナルミズ沢もいったん増水すると大変だと言うことを改めて思いご冥福を祈りました。

料理長の今夜の献立は、野菜を炒めたなかにそうめんを入れ和えたのと、ナスのベーコン巻。今回は私も少しお手伝い出来ました〜周りもにぎやかで、慰霊登山の方達と釣り師二人、それと今日一日でナルミズ沢左沢を遡行したという強者達も後から来て私達の隣にタープを張った。もう少し先にも1パーティが露営していたのでこの日のナルミズ沢は大にぎわいでした。

なんだこりゃ〜驚きの3日目・・・
続きを読む >>
教室以外での沢登り | permalink | comments(0) | -

奥多摩・水根沢

※遡行日: 2007・8/5(日)※2万5千地形図:奥多摩湖
※遡行場所:奥多摩・水根沢 天気晴れ
※メンバー:T山の会8名・mogu
※ルート:地元6時発〜(車)〜奥多摩湖駐車場8:30/8:55〜(徒歩)〜水根沢入渓点9:05〜(遡行)〜半円の滝上部11:25/11:45〜(登山道)〜奥多摩湖駐車場

今週は渓友塾の講習が無かったので、地元に有る山の会の人達との交流で水根沢に行くことになりました。これは今月の終わりに行く予定のナルミズ沢に向けてのプレ沢登りでもあります。地元なので家の近くから車で出発、沢登り車で行くのってほんとに久しぶり、歩いて集合場所にいくのもはじめてで楽ちん!!

6時集合で奥多摩に着いたのが8時30分、2時間30分で着いた。電車だと朝一番に乗っても3時間は見ているので車だと楽だ〜でも、それも運転して貰って、人数が揃わないとね。自分1人で車で行くとなると高く付いてしまうかも。

梅雨も明けて奥多摩は暑い!!今回の水根沢、去年渓友塾で遡行していますが、渓友塾では半円の滝上部(前回のレポ⇒水根沢)から遡行したので今回は本来の水根沢下部から遡行することになるので歩くのは初めてとなります。

駐車場から歩いて入渓点に向かい入渓、すぐにゴルジュのなかの小滝を登る。今日はなるべく水線通しで遡行しようと積極的に水の中に入っていくが水が濁っていて本来の楽しさがない。途中で若者集団に会うがみんな軽装、こんなんでいいの?と思うけど、若者達は沢登りと言うよりは川遊びに来たような感じで楽しんでいた。

暗いゴルジュが続き、本来なら釜になっているところも土砂で埋まっている。二段大滝の所ではロープを出して貰い登る、メンバーの中でも登れない方は巻きますが巻の方が怖い場合もある。それでも、腰まで浸かって登ったりシャワーで登ったり暑さを忘れます。

ワサビ田の所で大休止、ここには1つ枝沢が入っていてワサビ田から流れる水は冷たくて美味しいと飲んだ人が言っていました。途中の深い釜の所では先ほどの若者達が飛び込んだりして遊んでいる。しばらく行くと去年の入渓点を通過して程なく行くと半円の滝に到着。私は去年ここ登るのは無理と言われ巻いたところです。

ここで若者達躊躇していて、今回私達のリーダーシゲさんに「どう登って良いか判らない」というので、シゲさんが突っ張りでさっさと登りお手本を見せていました。私はロープを出して貰いトライ!!、途中一箇所水流に負けて足が置けなく、右足が滑ってしまった。それでもなんとか無事に半円の滝を登れた。突っ張り登りは小川谷でたくさん経験したので、少しは出来るようになったと思うのだけどまだまだです。

私が登り切った後に若者達の何人かが、私達の登るのを見ていてノーザイルの突っ張りで半円の滝を登ってきた。若さって凄いなぁ〜私達ギャラリーが見ている中、「怖ぇ〜〜」なんて言いながら無事に登り切ると、みんなで拍手!!なんだか楽しかった(笑)

水根沢名物の半円の滝を過ぎると私達の遡行終了〜なんと午前中に遡行が終わってしまった。ガイドブックにも2時間30分と書かれている短い沢ですが、それにしても早かった。登山道に出て奥多摩の駐車場に戻り、今回はお風呂には入らないとのことなので、車の中で着替えさせて貰い帰る。地元に着いたのが4時前!!こんなに早く沢から戻ったのは初めてです〜でも、そこから反省会と言う名の飲み会で、夜の8時まで飲んでいたのであまり変わらないか・・・・(苦笑)

今回デジカメ持って行くの忘れて写真撮れませんでした〜T会で写真取って貰ったのでそれが来たら載せたいと思います。

※------------------- 〔moguのひとり言〕 --------------------------※
続きを読む >>
教室以外での沢登り | permalink | comments(3) | -