沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 丹沢・葛葉川本谷 | main | 谷川・湯檜曽本谷 >>

奥秩父・大洞川市ノ沢

※遡行日2009・2010年7月18〜19(月)晴れ
※遡行場所:奥秩父・大洞川市ノ沢※2万5千地形図:雲取山



※メンバー: 高橋さん、Nさん、Sさん、mogu
※ルート:
18日:
塩山9:00〜(車)〜大洞山ダム上10:30/10:45〜市ノ沢入渓11:10〜(遡行)〜H940岩穴沢出合14:00〜H1100芝沢出合15:45(泊)
19日:泊まり場7:05〜H11370二俣左又9:05〜H1630左又10:15〜仁田小屋尾根H1780とH1776の鞍部10:50/11:10〜仁田小屋尾根下降〜(山道)〜仁田小屋の頭12:20〜(登山道)〜仁田小屋沢の橋13:40〜(林道)〜大洞山ダム上15:05〜(車)〜笛吹きの湯〜塩山駅解散
※立ち寄り湯: みとみ笛吹きの湯

沢登りシーズンに入ってもなかなか沢登りに行けない日が続いて、やっぱり何処かの会に入らないとダメかなぁ〜と考えるようになった。そこで前から気になっていた沢登り同好会「さわね」さんに思い切ってメールを出してみた。返事をもらいちょうど例会があるとのことでその日に合わせた日帰りの沢に体験で行くことになったのですが、天候の関係で中止になってしまい残念。せっかくだからと例会だけ見学させてもらい、7月に奥秩父の市ノ沢に体験山行に参加させてもらうことになった。

今回世話人高橋さんから山行計画書をもらう、市ノ沢は和名倉山に突き上げる沢で初心者向きとのこと。今年2回目の沢でいきなりの泊まりで大丈夫かな?と思ったけど、関東周辺の沢ガイドを読むとあまり高い滝は無さそうだし私でもなんとか行けそうだ。この機会を逃すとまたいつ行けるか判らないので思い切って参加させてもらうことにしました。

千葉発のあずさに乗り待ち合わせの塩山駅に到着、今回もう1人私の友人Sさんも参加する事になりさわねさんから世話人の高橋さんと今回食担をしてくれるNさんの計4名、高橋さんの車で入渓地点に向けて出発。梅雨が明けて沢日和〜雁坂トンネルを抜けて三峯神社にいま道から大洞林道に入り入渓地点の大洞ダムの所に車を止めて支度をする。モノレール沿いの急な道を下って大洞ダムダムまで下りてダムを渡るとすぐに市ノ沢出合い、左に少し崩壊気味の山道を歩いて堰堤先で市ノ沢に下りて入渓。

入渓点
林道脇にモノレール、ここからダムに下りる

入渓
市ノ沢入渓

久しぶりの泊まり装備なので歩き始めは慣れるために慎重に歩くも、バランスが悪く少しふらふらする。天気がよいので沢の中も明るくて気持ちが良い、いつもより水量が多いのかな?それともこれが普通の水量なのか?小滝が出て来ましたが水量が多くとても水線通しでは登れずに小さく巻く。

小滝
初めの小滝群

ミニゴルジュのチョックストーンの滝6mは右を巻く、ゴーロ歩きと釜を持った小滝が出てくる。大きな滝は無いので高度は稼げない。情報ではナメもあると書いてありましたが何処ナメだったのか判らない、埋まってしまったのかな?12時45分、右に炭焼き小屋後の石垣を見てさらに進んでいくと左に崩壊地が見えた。崩壊地を過ぎて左に滝を持った枝沢を過ぎるとミニゴルジュ、小滝が掛かっていますが水量が多くてここも巻く。河原には和名倉山の伐採の時に使われたのか古いワイヤーが放置されていて気を付けないと足を引っかけそうになる。

滝
5mナメ滝

炭焼き跡
炭焼き小屋跡

崩壊地
小屋の先に出て来た崩壊地

ゴーロ歩きが続きH915地点で左に滝が掛かる枝沢と右からは岩穴沢に出合う。小滝を過ぎ少し行くと左から綺麗なスダレ状の滝の掛かる船小屋沢の出合い。船小屋沢を過ぎ6mと二条の滝やナメ滝を過ぎるとミニゴルジュ、ここでさわねのお二人はゴルジュに突入、私とSさんは高巻きました。二人が登ってくると全身ずぶ濡れ、でもゴルジュ突破出来た達成感で楽しそうだった。やっぱり沢登りはこうでなくちゃねぇ〜と思うけど私は水量の多さにビビッて今回はほとんど巻いてしまった。しばらくはまたゴーロを歩きH1100地点で広く沢がひらけて右から大きな沢と出会う、高橋さんは芝沢ではないかと言う。芝沢はもっと上かと思っていましたが後で調べたらやっぱり芝沢だった。

枝沢
岩穴沢の出合い対岸にあった枝沢の滝

テント場
H1100m付近、芝沢の出合いにタープを張る

芝沢の出合いにはちょうど良いテント場があり今日はここまでとして早速タープを張る。マキも豊富にあり早速焚き火、今日のメニューはさわねのシェフNさんが中トロで鉄火丼を作ってくれました。本当は岩魚を釣って刺身にしたかったらしく、休憩の時に竿を出していましたが釣れなかったのが残念。それと行者ニンニクのスープが絶品ご馳走様でした。後は焚き火を囲んでそれぞれに持ってきたおつまみを食べながら四方山話で夜も更けていきました。

夕食
豪華夕食

---------------------------------------------

2日目の朝も天気が良い、雑炊の朝ごはんを食べ7時に出発。しばらくはゴーロ歩きが続きH1200の枝沢を過ぎると沢巾も狭くなってきましたが水量はまだ豊富、小さなナメを過ぎると右に枝沢、これが芝沢と勘違いしていた沢でその先には倒木にふさがれている苔の綺麗なナメ滝が出て来た。ここは左側を倒木をまたいで登り登り切るとさらに上に二段のスダレ状の滝が出て来た。こちらも苔がとても綺麗で水流沿いを登れた、

出発
歩き始めの小滝

樋状ナメ滝
樋状のナメ滝

二段の滝
二段の滝

綺麗なナメ滝
この沢で一番綺麗だった滝

登る
水流沿いを登る(写真提供さわね)

H1350mで二俣、ここは本流を登るとすぐ上にももう一本左に枝沢が出て来た。ここで地形図を見て高橋さんが最後まで詰めず、仁田小屋尾根のH1780とH1776の鞍部に詰めることなり地形図を見てこの枝沢登ることにした。急傾斜のゴーロをひたすら登っていく、水流は稜線近くまであり水流が無くなるといよいよ詰めになる。藪はなくガレを登り私とSさんは途中で左の支尾根から登りさわねさんの二人は沢形をそのまま詰め無事に目標の鞍部に登った。

詰め
詰めの枝沢を登る

登り切ったところは和名倉山からの踏み跡があると言うのでテープを探して1776mピークまで行く、私達が1776mのピークに登ったときに和名倉山方面から二人の登山者が来たのでびっくり相手も驚いたと思う。二人は和名倉山を仁田小屋尾根から往復したようだ。ピークからは踏み跡をたどる、スズタケの藪になるかと思ったら刈り払いされていてちゃんとした登山道になっている

鞍部
仁田小屋尾根のH1780とH1776の鞍部に出た。

登山道を下り仁田小屋ノ頭からは急な下りになり杉の植林帯をジグザグに下りていくと沢沿いに建っている仁田小屋という立派な小屋の前に出た。そこから林道までは30分ほどで仁田小屋沢の橋の所に下山、橋からは林道を歩き大洞ダムの車の所まで歩いて戻った。

仁田小屋尾根
登山道を下り林道に出た。

市ノ沢は大きな滝は無かったけど水量が多く小滝でもなかなか登れない、巻き道はちゃんと付いているので巻は楽だった。今回はさわねさんの体験山行に参加させて貰いとても楽しく遡行させてもらいありがとうございました。今年は予定が詰まっているので、来期から入会させてもらえたらと思っております。
奥秩父 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

ぜいぜいさん、こちらこそ御無沙汰〜
ぜいぜいさん達の秋田駒は木曽駒ちゃんからたっぷりと聞いています(笑)

沢登りは一人では無理なので私のようなのは一緒に行ってくれる人を探すのが大変なのですよね。
mogu | 2010/08/04 8:55 AM
ご無沙汰してます。
最近沢には行かれてないのでどうしてたかなあと思っていました。(秋田駒はいったんだよね)
市ノ沢と仁田小屋尾根は前から気になっていたところです。奥秩父の森の雰囲気かしらん。良い沢旅でしたね。
そうそう、さわねの高橋さんは、丹沢の沢の本を買って勉強していたので、身近に感じます。うちは相方と二人で着の身着のままで沢にいけるけど、単独だと中々お相手探したりが、大変ですよね。来年の活動期待してますよ〜
ぜいぜい | 2010/08/03 10:18 AM
コメントする