沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北秋川・シンナソー | main | 奥秩父・入川中小屋沢ヒダナ沢 >>

神ノ川 岩水沢・金山谷

※遡行日:2011年5月3(火)〜4(水)
※遡行場所:神ノ川岩水沢・金山谷※2万5千地形図:大山・中川
※メンバー: さわね2名、mogu
温泉 藤野やまなみ温泉



5/3 曇り あめ
※ルート:藤野駅8:10〜(車)〜神ノ川ヒュッテP9:10〜(林道)〜広河原テン場10:35/11:10〜岩水沢出合い11:15〜(遡行)〜H850m二俣12:05〜左又〜滝上で昼12:15/12:40〜(尾根高巻き)〜本流13:00〜H930m二俣13:30〜右又〜H1030m二俣14:00〜右又〜H1100m地蔵尾根14:25〜(登山道)〜金山沢15:25〜広河原テン場15:30着

5月の連休、さわねの企画で丹沢神ノ川流域の沢が出た。計画では広河原にテントを張り、岩水沢と金山沢の2本を遡行するとのこと今期初の泊まりですが、荷物も置いていけるしなんとかついて行けそうなので早速申し込んだ。丹沢主脈を挟んだ反対側の沢は何本か入ったことがありましたが神ノ川沿いの沢に登るのは初めです。メンバーは高橋さんとガクさんと私の3人、他のさわねの人達は、会津方面の残雪の山に行くとのことでした。

藤野駅で高橋さんの車に拾って貰い神ノ川ヒュッテの駐車場に到着、ここを訪れるのは2009年に檜洞丸から下山してきた時以来です。車の側で支度をしていたときにガクさんが「あっ!!」と声を出してので何事かと思ったら「沢靴を忘れた」と、高橋さんも私もびっくりした。どうするのかなと思っていましたが取りあえずは広河原まで行きましょうと言うことに成り林道を歩き出す。

神ノ川ヒュッテP
神ノ川ヒュッテから出発

林道歩きだからとザックの他に手荷物にしたらこの林道が長くて結構登っていたのには参りました。1時間ほど登って行くと前方にに広い河原が見えてきた。河原に下りる下り口はガードレールの終わった当たりにありましたが、行きはわからずに堰堤の上に下りてしまったが踏み跡を探してなんとか下に下りられた。この広河原は彦右衛門谷の大反乱で埋め尽くされてできた河原らしく本当に広い、そして彦右衛門谷は堰堤だらけです。

広河原
広河原が見えて来た

案内板
下り口にあった案内板

広河原に下り河原の中にあった木立の所を泊まり場として荷物を下ろすはぁ〜重かった。天気予報では曇りのち雨だったので早速テントとタープを張る。時間が遅いので今日は行程の短い岩穴沢を登る事になった、ガクさん結局今日は沢に行かず釣りをして居ることになり、私と高橋さんで岩水沢に出発。本流を少し歩いて岩水沢の出合いに到着、出合いの左側の上に岩水沢と書かれている看板があった。

岩水沢出合い
岩水沢出合い

看板の側を登り遡行開始、少し登ると釣り師さんが居て緊張しましたが挨拶をしてそのまま登る。すぐに11m程の滝が現れる、高橋さんが左壁を登り私はロープを出して貰い登る。高度感があるのでロープがあると安心です、上部は水流沿い登った。滝上は開けていて谷の中は今が新緑の盛りでとても綺麗だ。

最初の滝
最初の滝、左壁を登った。ホールド・スタンスは豊富

滝上
沢の中は新緑真っ盛り〜

小滝を越えゴーロ帯を登って行くと左に一本支流が入ったところに13mの滝が出てきた。右壁が登れそうだが支流の奧に登れそうな滝が見えたのでここで高橋さんが地形図を見ながら支流から尾根を乗越して本流に下ってみないかと提案、私も賛成して支流に入ることにした。まだ誰も登ってはいないだろう新しいルートの開拓?かもしれない。

13mの滝
目の前に13mの滝、右壁が登れそうだけど・・・

支流
支流を見ると奧に小さな滝が見える

支流の滝
4m程の滝は簡単に登れた、支流の上部は倒木で埋まっている

支流に入ると少し岩質が変わった感じで、4mの滝も滑らずに簡単に登れた左から支流が一本入ったところでお昼休憩を取る。お昼を食べてから少し登って行くと先が倒木で埋まっていたので進まずに右の支尾根目指してトラバース気味に登り尾根に出た、少し下ると下に本流が見え大きな滝が見える、上から見るととても大きく見え私にはとても登れそうに無い。取りあえず本流に下りことにして念のためロープを出して高橋さんが下り私は練習がてら懸垂下降で河原に下りた。上から見たら大きく見えた滝も下から見たら思っていたほど大きくなく、高橋さんが左壁の所にルートを見つけ難なく登れた。

本流の滝
上からみたら大きく見えたけど、実際はそんなに大きくなかった滝

大きな滝はこれで終わり後はゴーロ歩きが続く、いつもならゴーロ帯は好きでは無いけど今日は新緑を見ながらのんびりと歩けるので楽しい。H940の二俣を右に入ると水も無くなってきたので、源頭まで行かずに適当な所から地蔵尾根を目指して登り稜線に出た。

二俣
広い二俣

詰め
詰めに入ります

地蔵尾根はあまり歩かれていないようで薄い踏み跡とテープを探しながら下っていく、途中尾根から右に金山谷に向かって下りて行くところは急斜面でトラロープがたくさん張ってあった。エリアマップにはここを下るのは危険と書いてありましたがここを登るのもイヤだ。

下山
やっとの事で金山谷に下りました〜ここの下りは冷や汗ものです。

河原を歩いてテント場に戻るとガクさんが焚き火をおこして待っていてくれた。着いたとたんにぽつぽつと雨が落ちてきた。岩水沢は足慣らしにはちょうど良く、少し冒険をしながら新緑の中を歩けてとても楽しかった。

テント場
河原を歩いて行くと焚き火の匂いががしてきた。

夕食は各自で私はペンネアラビアータといつもの海草サラダを作る。ガクさんは豚汁を作りますと聞いていたけど、私のイメージした豚汁とは大違い、なんと豚の角煮にのような肉がこってりとした味噌汁の中に入っていて絶品。今回はデジカメが壊れて携帯で写真を取ったので夜の宴会の写真は無し。夕方になると雨が本格的に降ってきましたがタープとテントで快適に過ごせました。

焚き火
やっぱりなんと言っても焚き火、この河原は薪も豊富です。


-----------------------------------------------------------------

5/4 晴れ
※ルート:テン場 7:00〜魚留の滝7:10〜高巻き〜滝上8:05〜仏谷出合い8:35〜H960mシギノ沢出合い10:35〜H1040二俣11:20〜右又〜H1070二俣11:40〜〜H1200付近お昼12:00/12:25〜H1250付近12:40〜H2060m付近源蔵尾根13:30〜(登山道)〜広河原テン場15:40/16:15〜(林道)〜神ノ川ヒュッテP17:25〜(車)〜藤野やまなみ温泉〜藤野駅解散

朝起きると雨も上がっていてとても清々しい朝です、焚き火をおこして各自それぞれに朝食を取る。置いていく荷物の整理をしてテントの中に入れておく。さて沢靴を忘れたガクさんどうする、金山谷は高橋さんが以前遡行していてそんなに難しい沢では無いと言うので、ガクさん取りあえずニューバランスのスニーカーで登ってみることになった。7時に3人で出発、昨日の岩水沢出合いを過ぎるとすぐに魚留めの滝、高橋さん、前に来たときに左から登ったらしいが水量が多くて濡れるのは確実、朝イチで濡れるのはイヤだと言うことに成り巻きます。

出発
出発〜

F1
最初の滝は巻きます

両側が岩壁で見回すと左の上部にトラロープが見えたのでそこまで登って行くが、見るとスラブで苔も付いていかにも滑りそう。トラロープも信用できないのでガクさんが下で確保して高橋さんがじわりじわりと登りなんとか上に到達した。トップで登る人は本当に大変です、私は2番目に登らせて貰った。上はガレ場なので落石を落とさないように気を付ける。ガクさんも登り結局巻き終わりに50分を要した、ここを巻く場合はもう少し下の地蔵尾根の取り付きあたりから釣り師さん達が巻く道があるようだ、滝上には踏み跡をたどり簡単に下りられた。

巻く
果敢に攻める高橋さん、ここの巻きは恐かった〜

金山谷は蛭ヶ岳と檜洞丸の稜線に突き上げている沢、南面なので谷に日が差してきた。谷の巾も広く日が差すくらいなので、いやらしい苔も付いていなく岩も乾いていて滑らないからスニーカーのガクさんも問題なく歩いている。

小滝
滝上は谷も開けていています

ゴーロ
ゴーロ歩き

小滝
綺麗な小滝

左側が大きく崩落していて一部谷を埋めているところを通り、淵をもった小滝を越えゴーロ帯を歩いて仏谷の出合いを左に見て通過、さらに進んで行く谷には日が差して明るい。傾斜もなくゆっくりと沢歩きを楽しみながら進んで行く、H855m左から枝沢が入りそこを過ぎると目の前に6mの淵をもった滝が出てきた。右壁が登れそうだがホールドが細かい、高橋さんがトップで登りロープを出して貰い慎重に登った。

仏谷出合い
左が仏谷、右が本流

滝
こんな小滝が出てきます

滝
この滝は右側から登ったがホールドが細かい

滝上に出ると目の前には右岸の大岩壁が見え、二条7mの滝が出てきた。右壁からも登れそうだったが高橋さんが滝の左側の水流沿いに登れそうだと言うので見てみた。4m程の高さでホールドも有りなんとか登る事が出来たが水量が多いとここは難しいかも知れない。

上の滝
上の滝、左から簡単に登れる。

滝上から右に大きく屈曲して回り込んだら目の前には二段15m滝が目の前に現れる。この谷一番の滝で見事、当然登れないので巻きますが右にちょうど良い巻き路が有り滝上に出られますが下りるとき念のために補助ロープが出た。

大滝
大滝が見えてきた、右のリッジから巻ける

大滝を過ぎるとゴーロ歩きなりすぐに左からシギノ沢に出会う、大きな滝は無くナメ滝や小滝が続き最後の二俣を右に入るとミニゴルジュがあった。ゴルジュを過ぎると水量も徐々に減ってきた、左側に崩落地帯を過ぎると正面に稜線が見えて人の声が聞こえる。

滝上
大滝上にもこんな滝が出てきます

二俣
この滝を登ると二俣、右に行く

ナメ滝
ナメ滝もあります

源頭
奧の二俣を過ぎると水が涸れてきた

源頭に
源頭に到着

源頭は崩落していて登る気がしないので、右の小さな支尾根の窪の所を登って行きましたが上部は倒木でえぐられていて登れない。斜面もグズグスのザレザレで危険、ガクさんが左の支尾根にルートを作ってくれたのでなんとか登れてほっとした。やっぱり下から見るのと登って見たのとでは違うのが良くわかり、詰めのルート取りは難しいですね。そうそう、待っているときにピンソールを持っているのを思いだして装着したのでザレの登りもなんとか登れたし下山も滑らずに快適に下りられた。中高年の味方ピンソール様々です。

ここを登る
ここを登ったが上部が崩壊していた

下山の源蔵尾根は昨日の地蔵尾根よりは踏まれていて問題なく下ってこられましたが、登山道は途中から左の彦左右衛門谷に下りるようになっていたので、私達はそのまま直進して直接テント場に下りることが出来た。

下山
下山、途中左に下りる標識らしき物有り

テン場
テント場に到着


神ノ川ヒュッテに戻ってきました

新緑の季節に沢に入るのは久しぶりだったのでとても楽しく遡行出来てお二人に感謝です。またよろしくお願いいたします。
丹沢 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

ぜいぜいさん、私達は乗越まで登らずに途中から源治郎尾根に登ったのです。でも、稜線上から声が聞こえてきていたけど時間的に違いますね。

西丹沢の沢はほんとうに癒やし系で良い沢が多いですが家からだと遠くて〜残念。
そうそう、神ノ川でぜいぜいさんと初めてお会いしたのよね〜(^^)
mogu | 2011/05/22 12:05 PM
4日は金山沢乗越をはさんで向こうとこっちだったんですね〜
うちは金山沢乗越には14時だったから大分たってしまった時間でした。
乗越から見た金山沢の源頭の崩落はほんとうに凄まじいですね。あそこはぜったい登れる気がしません。
2本いい沢でしたね。うちもなんとか2本遡行することができました。
西丹はほんとにいいです。
ぜいぜい | 2011/05/18 10:45 PM
コメントする