沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 奥秩父・入川中小屋沢ヒダナ沢 | main | 南ア・濁川(神宮川)笹ノ沢 >>

奥日光・外山沢川緑沢

※遡行日:2011年6月12(日) 晴れ
※遡行場所:外山沢川緑沢※2万5千地形図:男体山
※メンバー: さわね2名、mogu
温泉 日光和の代温泉 やしおの湯



※ルート: 赤沼P 5:30〜(バス)〜弓張峠下5:50〜(登山道)〜外山沢川出合5:50/6:20〜(入渓)〜庵沢出合7:25/7:40〜(緑沢遡行)〜外山沢出合7:55〜緑滝8:15〜稜線12:00〜(登山道)〜日光湯元14:20〜(バス)〜赤沼P〜(レンタカー)〜やしおの湯〜東武日光駅解散

梅雨の時季の沢登りは天気とにらめっこ、今回の緑沢も前日までは雨マークが付いていて行くか行かないかみんなと協議していったんは中止になったのですが、予報が段々と良くなってきたので取りあえず現地に行ってみようと言うことになりました。前日に日光駅に集合してレンタカーで赤沼駐車場まで行き、駐車場でテント泊の予定が駐車場にはキャンプ禁止の看板があった。泊まれる場所をさがして三本松まで移動してレストハウス後ろの公園が道路から離れていてちょうど良くここに泊まる事にした。今回のメンバーはさわねの高貫さんとクマチさんの女子3人の遡行です。朝、5時30分のバスに乗るために赤沼駐車場に移動、天気は上々でやっぱり山は来て見ないと判らない。千手ヶ浜行きのハイブリットバスには登山者は私達だけ殆どカメラマンさん達で満員。

赤沼
バス停にはすでにカメラマンの列

私達は弓張峠のヘアピンカーブを下った登山道入り口で下ろして貰う、さぁ〜私達もカメラマンさん達に負けないでガンバロウ。登山道を少し行くと沢の音が聞こえてきて外山沢川の橋に出た、ここから少し左岸の森の中を歩いてから入渓準備をする。

出合い
登山道を歩いて外山沢川に到着、天気が良い

高貫さん、クマチさん、私の順番で入渓。緑沢の出合いまで河原を歩いて行くが河原が広くて左から右から枝沢が入って来てちょっと迷いそうになる。地図読みベテランのクマチさんが地形図を見て回りの景色を見て現在位置を確認、地図の読み方をいろいろと教えてもらいながら歩く。いい加減河原歩きに飽きてきた頃、ケルンの有る二俣になりやっと庵沢との出合いに到着した。

入渓
入渓、しばらく河原歩き

庵沢との出合い
庵沢との出合い、右が緑沢伏流になっている

左の庵沢は水量が有るが右の緑沢は伏流になっていて何となく暗い感じがするが右の緑沢に入っていくとすぐに水が出て来た。15分くらい歩くと外山沢との出合い、左の緑沢に入りさらに15分ほど登って行くと正面に細い流れが見え、右に白く大きな滝が出てきたこれが25mの緑滝だ。

外山沢
外山沢との出合い、左に入る

滝が見えて
前方右に滝が見えて来た。

クライマー高貫さんが登れるか偵察していましたが、登るのは無理と判断左の枝沢から高巻く。細いルンゼ状を登り右にトラバースして滝上に出たら目の前に20mの滝が現れる。少し休憩をして20mの滝は右壁を直登、ホールドもスタンスも豊富に有りますが苔が付いているので慎重に登った

緑滝
緑滝〜

右岸のルンゼ
左のルンゼを登り右にトラバース

上の滝
緑滝上のもう一つの滝、右を登る。

滝を登ると上はナメ床が続きます、苔の着いているナメ床を登って行くと今度は2段40mのナメ滝が現れる。傾斜も緩く水量も余りないので水流沿いを登れそうかなとも思うが、黒々と苔の付いた滝は滑りそうでやっぱり登れない。右壁の草付きを登りましたが中段一箇所立っている所があり、高貫さんにロープを出して貰い登った。その上はバンド状になっていて獣道のような踏み跡が付いていて滝上に出られた。滝上にはちょうどシャクナゲが綺麗に咲いていた。


ナメが続く

2段40mのナメ滝
2段40mのナメ滝

右壁を登る
2段目の中間が立っていたので念のためにロープを出して貰う。

滝上もナメの小滝が続いて楽しい〜とルンルンで登って行くとH1900m付近から雪渓が出てきて谷が雪で埋まっている。私、雪渓登りはあまりしたこと無いので怖々と雪渓の上を歩く、先頭を歩く高貫さんは経験豊富で的確にルートを取ってくれる。途中ゴルジュぽい所の雪渓では左の壁を登るように言われたので登って行き雪渓が終わった所でのぞいてみたら下は滝!!そのまま直登していたらと思うとゾォ〜とした。

小滝
小滝が続く

雪渓
雪渓が出てきた

滝の上の雪渓
雪渓の下をのぞくと、滝だった踏み抜いたら・・・

この上も雪渓が有ったり滝が現れたりと忙しい、雪渓も谷にびっしりと付いて居ると何となく雪渓の上を歩けるけど薄くなっているところも有るので恐い。日が差すところは雪渓も溶けていて小滝が出てくる


こんな雪渓は恐いです

滝
登れる小滝

H2009mの二又までは雪渓を避けて右の尾根を少し登った、後ろを振り返ると中禅寺湖が見えました。二俣から左の沢に入り雪渓を登って行くと5m程の滝が出てきた、水はもう無くこの滝を登ったら沢形も無くなり詰めの登りになる。藪も無くそのまま詰めて行くと前白根に続くH2325mピークの左鞍部の登山道に出ました。

奧の二俣
奧の二俣を左に登って行く、後ろを振り返ると中禅寺湖

この滝を登れば
この滝が最後の滝です

詰め
登ると藪無しの詰めになりました

登山道に出た
登山道に出ました。少し下ったら天狗平

登山道を少し下ると天狗平の標識の所に出た、そこから少し下って行くとテント装備を背負った単独の登山者に遭遇。沢沿いは雪渓で埋まっている、沢から離れて登山道を下るがこの登山道途中にはシャクナゲが咲いていたりしていたけどザレザレの急登で荒れている。慎重に下りやっとの事で湯元スキー場上の登山口に着きました。そのままバス停まで歩いて行ったら後1歩でバスが発車してしまった〜

激下り
登山道は荒れていた

登山口
可愛い登山口ですがこのさきに地獄の急登が待っているのですよ


湯元までスキー場を下っていく

30分待ってからバスで赤沼Pまで戻って車でいやしの湯まで行き、温泉に入ってから日光駅前で打ち上げをした。女性だけで沢登りしたのは初めての経験でしたが、頼もしい先輩2人が居たので安心して遡行出来てとても楽しかです〜またよろしくお願いいたします。
尾瀬・檜枝岐・那須・日光 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

緑沢、お薦めですよ
最初の河原歩きが長いけどね。
F1の緑滝の巻きは悪く無かったです。
他の滝も難しいところは無く、詰めもヤブ漕ぎ無しで登れるので良いですよ。
mogu | 2011/06/23 4:52 PM
女性だけの沢登りチーム、すごい!
沢はやっぱり怖いので、ついつい男性の力技に頼りがちなものですが、的確なリーダーさん頼もしいですね。
緑沢、素敵な沢ですね。F1の巻きは悪いとこはないのでしょうか?
レポみたら行きたくなってしまいました。
ぜいぜい | 2011/06/23 12:10 PM
コメントする