沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大丹波川真名井沢 | main | 日和田岩 >>

伊豆・城山岩トレ

実施日:2012年2月5日
場所 :伊豆・城山南壁
参加者:さわね女子4名とMOGU、助っ人恭子ちゃん

さわねの女子会で今年も来ました城山〜一応岩トレの予定ですが・・・本命は夜の宴会です!!今回、久しぶりに自分の車で修善寺に来ました。首都高が苦手なので通らないで来るルートを考えて、結局外環から関越道に入り圏央道を通って中央高速にはいり、大月から河口湖に向かい東富士五胡道路を通って御殿場に抜けて国道243で三島を通って修善寺に、260キロくらい掛かり少し遠回りだったけど車も少なくて走りやすかったのでこのルート気に入りました〜富士山の側を通るしね。

富士山
東富士五胡道路出口、富士山が綺麗です

4日 晴れ 風強し
12時に三島駅でみんなと待ち合わせして修善寺に向かい、修善寺の「めし屋みず」でお昼を食べる。お昼を食べていると遅れてくるKNさんから連絡が入り修善寺駅に迎えに行き城山に向かう。取りあえず岩場を見学してから山頂にハイキングの予定でしたが・・・・岩場からハイキングの登山道に行く道を間違えてしまい道なき道を行くことにとほほ〜結局途中で戻り風も強いので山頂に行くことはあきらめてそのままスーパーで買い出ししてまごめ荘に行きました。

5日 曇り 時々 晴れ
まごめ荘を7時40分に出発、城山の登山口までは10分位で着きます、猪俣さんが急な用事が入ったとのことで帰ることになり、登山口に3人を下ろして大仁の駅まで送っていく。登山口に戻るとハイキングの人達のグループが支度をしていた。早いからまだクライミングの人達は来ないのかも、ハイキングの人達と前後して私も登る、岩場までは15分くらいで着きます。先に登って3人と合流まだ岩場には誰も居なません。今回さわねのみんなは城山が初めてで少し不安があるようだったので、助っ人に恭子ちゃんを誘ったら日曜日に来てくれると連絡が来て南壁で待ち合わせする。

昨日とは違い今日は薄曇りで少し肌寒い、支度をして何処をのぼるか検討、ルートが書いてある本も持ってきていましたが余りよく判らない。クライマー高貫さん慎重にリードして登って行きますが初めての城山だし朝一番だしで苦戦していたところに恭子ちゃん登場!!恭子ちゃんにリードを替わってもらいトップロープを張って貰う。

高貫さんリード
初めに高貫さんがリードで登るが苦戦

恭子ちゃん
恭子ちゃんに替わる

最初に高貫さんがトライ、トップロープなのですいすいと登って行く、やっぱりリードするって大変なことなのねと改めて思いました。そのあと恭子ちゃんには3本のルートをリードでで登って貰いトップロープを張って貰った。全員でトライするも、私は半年ぶりのクライミングだしクマチさんも何年かぶりのクライミングとのこと。私はなんとかずるをして一本だけ完登できたけどやっぱりやっていないと体が動きません。無理をしないであとはビレイヤーに徹していました、南壁もいつの間にか人でいっぱいです。

クマチさん
クマチさんが登る、ビレイは高貫さん


トントン拍子を登るKNさん、ビレイは恭子ちゃん

クライマー高貫さんとKNさんはさすがで全部のルートを登る、特に最後の鎌形ハング(5.10a)は体も慣れてきてなんなく登っていました。今回登ったルートは「トントン拍子5.8」「アナザスッテプ5.9」「鎌形ハング5.10a」と後一本名前の判らないルートでした。今回へたれな私はあまり登りませんでしたが、これから沢のシーズンに向けて少し岩トレ頑張らなくちゃと改めて思った次第です。

鎌形ハング
鎌形ハングをリードする恭子ちゃん・・・核心を登ってます

ところで助っ人の恭子ちゃんは渓友塾で2年間一緒に習った中で私と同じ落ちこぼれ組でした。渓友塾が終わった後にクライミングに目覚めこの3年間頑張って5.10aをリードするまでになったのですよ。話しに聞くとこの1年くらいからリードするようになったそうで、リードも初めは恐くて自分との戦いだったと言っていました。私、今回リードで登っている恭子ちゃんを見ていてなんかもう凄いのひと言で尊敬しちゃいました〜人間やれば出来る!!のね。今年の目標は海金剛?と言っていましたが頑張って達成してね。夏に沢登りに誘うから来てねぇ〜
岩トレ・クライミング | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする