沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 岩トレ〔実技講習〕 | main | 丹沢・葛葉川本谷 >>

岩トレ〔補講〕

晴れ 2月は渓友塾の岩トレ月間、今日は補講で日和田岩です。

今回のメンバーは8期でも一番若いSさんと私と同じ名字のYさん、それと沢友会で一緒だったIさんの4人と中級からIさんと会からIさんと塾長の7人。きょうはいままでで一番寒い日で岩も冷たい。風邪気味なので確保するときはマフラーとダウンを着て確保する。


確保まず初めにエイト環でお互いの確保で登るやり方を教えて貰う。エイト環での確保は初めてなので緊張した。まずIさんを確保して登って貰う。なかなか腕が疲れます。テンションで下りて貰い、今度は私が空身で登りテンションで降りた。

懸垂
次ぎにプルージックでのランニングビレーの通過方法と実践で3回登り懸垂下降で降りる。これはすべてザックを背負って練習。


午後から中級のIさんに確保して貰いちょっと難しいルートをザックを背負って登るが2回落ちてしまい、ザックを下ろして再度挑戦して登った。ここは手のホールドが小さいのでザックで後に重さが掛かるとなかなか難しい・・・これからの課題。


一番左のルートをザックを背負い一度は上で中級のIさんに確保して貰い登る。次はトップロープで私とIさん交代で確保しながら登る。
一番右の難しいルートはザックを下ろしてプルージックで上る。
プルージックで上るルートが空いているときはザックを背負って登る練習と懸垂下降ですべて降りる。



懸垂下降のセットもなんとか自分で出来るようになった。
それとロープの連結の方法を教えて貰う(沢の中で結構使うそうです)
まず固結びをして両端はダブルフィッシャーマン結びで始末する。これを沢の中で落ちついて出来るようにならないと・・・その場になると焦って忘れてしまうので自宅でも練習しなくては。

ロープの連結
ロープの連結
エイトで結ぶ方法も有るが、それだと結び目が大きくなるのでいまはこの方法でするとのこと。

※------------------- 〔moguのひとり言〕 --------------------------※
今回の補講、ザックを背負って登る練習を主にしたが微妙な登りではまだまだだなぁと痛感した。久しぶりに落ちて小指を岩に打ち血が出てしまった。それにしてもエイト環でのビレーは疲れる〜腕が筋肉痛 ポロリ

今回8期で一番若いSさんと一緒になった、聞いたら山歴まだ1年らしいがガンガン岩も登るしセンスも良い、若いっていいなぁ〜つくづく思う。

いよいよ来月から沢が始まるが改めて気を引き締め、怪我をしないようにガンバロウ〜
岩トレ・クライミング | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする