沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 中ア・正沢川細尾沢 | main | 谷川・魚野川南カドナミ沢 >>

上越・東黒沢〜ウツボギ沢〜ナルミズ沢

※遡行日: 2007・8/24(金) 〜26日(日)晴れ※2万5千地形図:茂倉岳・藤原
※遡行場所:上越・東黒沢〜ウツボギ沢〜ナルミズ沢
※メンバー:T山の会3人・mogu
※ルート:
8/24(金)地元6:00〜(車)〜白毛門登山口駐車場9:30〜(徒歩)〜東黒沢入渓9:40〜(遡行)〜白毛門沢出合10:30〜金山沢出合11:25〜丸山沢〜1350m付近乗越14:30〜ウツボギ沢枝沢下降〜ウツボギ沢15:25〜ナルミズ沢出合15:35着(泊)
8/25(土)泊場7:00〜ナルミズ沢入渓〜(遡行)〜大石沢出合8:05〜1410m付近二俣9:30〜右沢〜1620m付近最後の二俣〜左沢〜大烏帽子岳鞍部11:00〜(笹藪漕ぎ踏み跡有り)〜1757m地蔵ノ頭11:45/12:10〜(笹藪漕ぎ踏み跡有り)〜ジャンクションピーク12:55〜(登山道)〜朝日岳13:20/13:50〜(登山道)〜大石沢出合14:55/15:10〜泊場16:00
8/26(日)泊場7:15〜ウツボギ沢〜ウツボギ沢枝沢〜(遡行)〜1350m付近乗越8:00〜大石沢下降〜(遡行)〜東黒沢下降〜白毛門沢出合11:35〜白毛門登山口駐車場12:50


6月の終わりの頃、山の会の人が他の会だけどナルミズ沢に行く予定が有るけど行きませんかと誘ってくれた。渓友塾の日程をみたらちょうど講習も無いときで空いていたので、行きたいと思ったのですがナルミズ沢がはたして私でも登れるのか心配になり塾長に「私でもナルミズ沢登れるでしょうか?」と聞いたところ「技術的には大丈夫だけど体力がいる沢だよ」とのお言葉でした。計画を聞いたところ本来は1泊の所を2泊でのんびりと遡行すると言うことなので参加させてもらった。でも、初めての方達との遡行なのでお互いに不安な事もあり、日帰りで水根沢に誘って貰い私の歩き方などを見て貰いました。

24日は私の車で地元6時出発、渋滞もなく順調に走り9時には白毛門登山口駐車場に着きました。ここで支度をして出発、去年の白毛門沢を思い出します。しばらくは登山道を歩き途中から東黒沢に入渓、水量去年よりは多い感じ、ハナゲの滝も水量が多くて迫力があります。

入渓東黒沢入渓

ハナゲの滝
ハナゲの滝20m・・・水量多い

ここはキャニオニングのメッカなので立派な巻き路が有りますが左を登っていく。登り切るとナメになりキャニオニングの人達がウォータースライダーをやっている。それを横目で見て登っていくと白毛門沢の出合いに到着、やっぱり去年より水量が随分多い。

ウオータースライダー
面白そうだけどね。

白毛門沢の出合いを過ぎるとナメになり小滝を登っていくとミニゴルジュが出て来た、一応へつってトライしますが無理だったので巻いた。次ぎに釜を持った樋状の滝を登りその後はナメ状の小滝の連続、どれもみなホールドスタンスがありロープ無しで登れる。

滝
ナメ滝と連瀑帯

H950で水量1:1で金山沢を右分けその後はナメナメの快適な登り、10m3段の連瀑も右から登り次ぎにここもナメ滝が出て来てここも快適に登る。H1035m付近の枝沢が出てくる頃になると沢巾も狭くなってきて、ここでこの枝沢が二俣と勘違いして右に入ってしまったが間違いに気づき戻る。この一本先の二俣でした、ここにはしっかりと赤布が有りここを右沢に入る。


しっかりと赤テープがある、ここを右に

ここから先小滝は有るが沢も細く倒木も多くなってく源頭が近い水が涸れてしばらく登るとH1350mの鞍部に到着。大きなブナの木があり笹藪ですがかすかに踏み跡があります、明後日戻る為に私達も赤テープで木に印を付けながら下る事にする。


ヤブをかき分け下降する枝沢に下りる。

少し下ると沢筋に出た、ヤブ沢ですが難しい下りもなく下っていくとウツボギ沢に出た、ここも快適なビバークサイトになりそうな所です。ウツボギ沢を少し下るとすぐに宝川・ナルミズ沢の出合いに到着。たくさんの人が使っているようでたくさんの焚き火の後があり、私達もここで泊まることにしました。早速ツエルトを張る、渓友塾ではタープですがT山の会はツエルト。ツエルトを張る張り方を初めて体験、木が無くても枝で充分張れるのですね。



T山の会には料理長がいて手早く夕食を作ってくださる。他の方もおつまみを作ってくれる、今回私は共同装備も持たず自分の飲む分のお酒とおつまみだけを持参でした(申しわけ有りません)。私に出来ることは薪集め位なので一生懸命集めましたがみんな取り尽くされてしまったのかあまり薪がない・・・それでもなんとかかき集めリーダーが火を起こしてくれた。料理長特製トマトの炊き込みご飯ナルミズ風とジャコとピーマンのおひたしも出来上がりを頂く、空を見上げると夕焼けが空を染め明日もお天気になりそう。



--------------------------------

今日も快晴!!朝ごはんはフランスパンにトマトとハムをはさみ頂く、私はどちらかというと食担苦手な方なので参考になります。今晩の夕食も楽しみだなぁ〜なんて思いながら出発の準備。またここに戻ってくるのでツエルト1張りは不要な物を入れてそのまま残し1張りは持っていくことにした。今日は土曜日、人気のビバークサイトなので多分誰か来ることを見越して、昨日集めた薪も集めて他の人に持って行かれないようにしておく。準備が整い出発すぐに入渓して河原を歩いていくと最初のミニゴルジュと滝が見えてきた、手前には深い淵があり右側をへつって対岸に渡り滝の脇を登るが、ホールドもスタンスも有るのでロープ無しでも登れますがここが今回の遡行で唯一緊張した所でした。後で判ったことですが、この場所が12年前に遭難事故が有ったところだった。

滝1
ここが事故の起こった所、写真の撮り方が悪いが手前には深い淵がある。

そこを過ぎたら快適な河原歩きが続き所々に小滝とナメと深い淵が出てくる、たいがいはへつりで通れますが難しいところは巻く。1時間ほどで大石沢の出合いに到着、一泊で遡行する人達はここまできてビバーグするようです。大石沢の手前で今日一日で遡行して帰るという2人の遡行者が来た。遡行している間この2人以外には遇わなかった、人気の沢で私達だけというのも珍しいのかも。

滝2
ほぼ平坦な河原歩きが続き、時々深い淵が行く手を阻む。

大石沢を過ぎ沢の中もだんだんと明るくなり、深い淵も水がコバルトブルーに輝きナメも歩きやすい。釜を持った幅広の滝などが出て来て飽きない。

滝3
釜を持った小滝とナメが交互に現れる。


樋状の淵と大烏帽子岳が見えてきた。

一箇所取り付けない3mほどの滝が出て来ましたが、右にしっかりとした巻き路が有りました。大石沢から1時間ほどで魚留めの滝に到着、ここは右側を簡単に登れる。

滝4
魚留めの滝

ここから二俣まではナメのオンパレード、早く登ってしまうのが勿体ないのでゆっくりと景色を見ながら遡行していく、これももう一泊できるという余裕だからですね。その日の内に帰るのだったらこんなにのんびりしていられない、T山の会の方達も3年越しの計画でやっと遡行できたそうで、最高のお天気のナルミズ沢をたんのうしていました。正面に何とも特徴的な山が見え何処の山だろうと地図を見て大烏帽子山にしては方角が違うな〜などと話しながら二俣に到着、後で判ったのですがその山は地蔵ノ頭という小ピークでした。


後でこの山の上でお昼を食べた。

二俣から右沢に入りそこからはずーーーーーーとナメナメナメが続き、だんだんと周りは草原になり稜線も見えてきてなんとも素晴らしい!!この沢の詰めが「天国に続く草原」と賞されているのが良くわかる。



奧の二又を左に取ると水もだんだんと涸れてきて踏み跡をたどっていくと本当に草原に出た!!右には大烏帽子山、風が草原の草を撫でていく・・・・本当に綺麗。ここで他の人達は沢靴を履き替え装備をザックに入れる。私は今回沢から沢なのでアプローチシューズを持ってきていないのでそのまま沢靴で下山。なんだか終わってしまうのが勿体ないようなすてきな沢で人気があるのが良くわかりました。


源頭はこんな素晴らしい草原

ここから鞍部に笹原の中の踏み跡をたどって登り、沢から見えた地蔵ノ頭で登ってきたナルミズ沢を見ながらお昼を食べる。ここからは二俣の左沢がよく見えて一直線に朝日岳に突き上げていた。見ただけでしんどそうな沢でしたが、後で泊場で一緒になったパーティはここを登って行ったそうです。でもナルミズ沢の良いところは絶対に右沢のあの草原。


腰丈くらいの笹藪、踏み跡はかすかにある。右は上から見たナルミズ沢

ジャンクションピーク
正面がジャンクション・ピーク

お昼を食べて目の前のジャンクション・ピークを目指します。地蔵ノ頭からいったん鞍部に下り、痩せ尾根を通り登る踏み跡はかすかに有る。笹原をかき分けかき分け登っていくと、ポンと登山道に出た。指導表を見ると私達が歩いて来た方面は巻機山に通じているようです。


登山道から下を見たら二俣がよく見えた。

ここから登山道を歩き朝日が原で下山する宝川の分岐にザックを置いて朝日岳に向かう。ひと登りで朝日岳に到着〜360度見渡せて展望抜群!!私達の後から馬蹄形を歩いているという2人組の男性が登ってきた。朝日岳の山頂にはウスユキソウの咲き終わりがたくさんあった。


朝日岳山頂からは谷川の馬蹄形がよく見えた。

名残惜しいけど下山します、分岐からの下り一箇所草付きの露岩帯で沢靴だと滑るので慎重に下りてやっと樹林帯に入りホッとした。大石沢出合いにはテントが見え若者の声が聞こえたので何組か露営しているようです。出合いからは水平の登山道になり薪を拾いながら歩き泊まり場に到着したら・・・なんとここにも3組の人達が露営していたのには驚いた。



ツエルト張っていって良かった、でないと張るところが無くなっていたかも知れない。そのうちの一組が12年前に遭難した方達のご遺族、慰霊で来ていて少しお話しを聞けたのです。この綺麗なナルミズ沢もいったん増水すると大変だと言うことを改めて思いご冥福を祈りました。

料理長の今夜の献立は、野菜を炒めたなかにそうめんを入れ和えたのと、ナスのベーコン巻。今回は私も少しお手伝い出来ました〜周りもにぎやかで、慰霊登山の方達と釣り師二人、それと今日一日でナルミズ沢左沢を遡行したという強者達も後から来て私達の隣にタープを張った。もう少し先にも1パーティが露営していたのでこの日のナルミズ沢は大にぎわいでした。

なんだこりゃ〜驚きの3日目・・・
朝起きると今日もお天気が良い、釣り師さん達と慰霊登山の人達は出発していき、お隣にいた方達も今日宝川の方に下りるというのでのんびりとしていた。私達も朝ごはんを食べて帰る支度をはじめます。ウツボギ沢から枝沢に入る場所には別のパーティがいてこれからウツボギ沢を遡行するとのこと、いつかこの沢も遡行してみたいなと思った。

枝沢を登っていき思っていたよりも早く鞍部に到着、テープを探しましたが見つからなかった。そのまま下って沢の源頭にでてそのまま下っていく。登ってきた沢ですが下降は難しい、まして東黒沢はナメなので下るとなると滑るから余計慎重になる。登りの時は一度もロープは出しませんでしたが、下降で3度ほど滝を懸垂で下りました。途中で単独の男性と怪しいガイドツアーの4人、日帰りで宝川のほうに行くという女性2人、群馬労山の救助隊が訓練していた。ちなみに今回の私達のリーダーも千葉労山の救助隊長なのでお話しをしていました。そこに単独で短パンをはいた年配の人が挨拶もなく登っていく・・・・一同目が点。

東黒沢は色々な方が登っているのねぇ〜と思っていたら、ハナゲの滝の上でなんとサンダル履きの男性2人とビーサンを履いた普通の格好の女性が登ってきていたのには唖然!!多分キャニオニングをしている人達を見て登ってきてしまったのでしょう・・それでもキャニオニングの人達はそれなりの装備を付けていますが、普通の格好でヘルメットもかぶらずに来ていて何かあったらどうするのかな・・・・私達から見たら無謀としか言い様がないが本人達は全然判っていないのかもね。


ハナゲの滝の上まで登ってきていたビーサンの女の子と男の子2人・・・この後釜に入って遊んでいた。

ハナゲの滝は立派な巻き路があるのでそこを下り、下の滝の所で私達もプチキャニオニング(笑)水に飛び込んだり滝に打たれたりして遊んだ。そこからは登山道を下り無事に駐車場に着きました。未熟者の私を、常にさりげなくフォローしていただいたT山の会のTakahasiさん、しげさん、料理長のYasudaさん、お世話になりました。素晴らしいお天気と楽しい仲間との2泊3日の沢旅楽しかったです、本当にありがとうございました。


※------------------- 〔moguのひとり言〕 --------------------------※

初めて渓友塾以外で泊まり遡行したが、渓友塾で習っていたお陰でなんとかみんなについて行けたと思う。

この週は7月に中止した富士登山を入れてしまったので細尾沢に行った後1日おいて富士登山、1日おいてナルミズ沢と超過密スケジュールになってしまった。ナルミズ沢の遡行が二泊でのんびりと行けたのでなんとか無事に歩けたけど、やはり疲れての遡行は危ないと反省たらーっ


教室以外での沢登り | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする