沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 檜枝岐・実川硫黄沢 | main | 巻機・登川米子沢 >>

八幡平・葛根田川〜大深沢関東ノ沢〜仮戸沢

※遡行日: 2007・10/6(土)晴れ・7(日)晴れ・8日(月)雨
※2万5千地形図:秋田駒ヶ岳・曲崎山・松川温泉
※遡行場所:八幡平・葛根田川〜大深沢関東ノ沢〜仮戸沢
※メンバー:塾長、Itoさん、Yosiさん、Sugiさん、Takaさん、mogu、Isiさん、Siさん、Stoさん、Sakaさん、Aoさん
※ルート:
1日目(10/6):盛岡駅7:50〜(タクシー)〜滝の上温泉〜葛根田地熱発電所8:45/9:30〜葛根田川入渓9:50〜(遡行)〜大石沢出合い11:55/12:15〜滝ノ又沢出合いの河原14:15着(泊)
2日目(10/7):泊場8:00〜北ノ又沢遡行〜二俣〜北ノ又沢左岸遡行〜奥二俣8:55/9:05〜右沢遡行〜1050m二又〜左沢遡行〜八瀬森湿原11:10〜八瀬森山荘11:15/11:25〜大深沢関東ノ沢右俣下降〜大深沢出合い14:15〜大深沢遡行〜大深沢三俣15:05着(泊)
3日目(10/8):泊場7:10〜大深沢仮戸沢遡行〜1250m付近8:55頃枝沢〜1379mピークと嶮岨森の鞍部〜嶮岨森直下登山道11:10着〜嶮岨森山頂〜(登山道)〜大深山荘11:55/12:30〜源太ヶ岳〜松川温泉14:55着/16:15〜(バス)〜盛岡駅

※立ち寄り湯:松川温泉・峡雲荘
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止

今期最後の泊まりの沢そして初めて沢の中で2泊、全ての荷物を背負って2泊も沢の中を歩けるだろうかと心配しつつパッキング、軽量化したつもりなのに量った重さが15キロでした。渓友塾でこのコース天候等で全行程を遡行したことが無かったと聞きいていたので天気も心配。今回は塾生10名参加でいままで一番多いパーティーになり塾長もこの人数での遡行は初めとのこと、今回は塾長も含めて全員夜行バスで盛岡入りする、東京駅からは私だけらしく池袋でみんな乗ってきた。心配していた天気も2日間は良さそうですが3日目が余りよくない予報、盛岡駅に着き頼んであったジャンボタクシーと普通のタクシー2台で入渓点の葛根田地熱発電所に向かう。

地熱発電所
葛根田地熱発電所

地熱発電所の蒸気が出ている場所でタクシーを降りそこで沢支度をする。出発前の注意点・留意点は水量が多いので徒渉に気をつける。お函と呼ばれるゴルジュ帯のへつりに気をつける。大石沢までは水量が多い、途中大滝の高巻きがある、とのことで気を引き締めて出発する。

入渓
発電所の所を通って入渓

地熱発電所の所からゲートを通り林道終点から入渓する。10名のオーダー塾長しばし考えてから塾長、Itoさん、Yosiさん、Sugiさん、Takaさん、mogu、Isiさん、Siさん、Stoさん、Sakaさん、Aoさんの順。多いから大変です私はちょうど真ん中だ〜初めて見る葛根田川は川幅が広くゆったりと流れている。こんな大きな川が増水したら遡行は無理だろうと納得、入渓してすぐに低い堰堤が出て来てこれを越えて遡行開始水量は深いところでも膝下くらい。

遡行1

紅葉は一週間早い感じで左にスラブ滝を過ぎると枝沢の所にエメラルドグリーンの綺麗な淵が出て来た。そこを過ぎると右から3:1で明通沢に出会う。そこから川幅が狭くなり右に7mのナメ滝を持った枝沢(大ベコ沢かな?)を過ぎるとゴルジュになりここがお函かなと思ったらお函はもっと綺麗だと言われた。

遡行2
右にオオベコ沢の滝

遡行3

右岸の岩場には残置ロープが有りそれを使って乗り越える。しばらく歩いていくといよいよお函と言われているゴルジュ帯に入る。U字形になっていて白い岩盤はしっかりとフリクションが効いていて左岸の水際を歩いていける。お天気が良いので水の色と白い岩盤が綺麗〜これに紅葉が重なるともっと見事だろうなと思う。

お函
葛根田川のハイライト、お函と呼ばれているゴルジュのはじまり〜

1 お函2お函3
ひらめきクリックで大きくなります。もっと紅葉が進んでいたらねぇ〜

お函をすぎしばらく歩いていくと大石沢の出合いに到着水量比は1:1、出合いは開けていてテントサイトには最適誰かがマットをデポしてありました。ここでお昼を食べる。

出合い
大石沢との出合いが見えてきた。

昼食を食べてすぐに出発、大石沢を過ぎると水量も減りしばらく河原歩きが続き左に沼ノ沢1:3で分ける、ここは2年前渓友塾で遡行したときにマイタケを見つけたところだそうで、出合いには滝がかかり綺麗な沢ですが私達が通ったとき釣り師2名が釣りをしていた。10月は禁漁になっているのにね。

遡行5
水量が減ってきた

遡行6
滑床も出て来ます。

次ぎに左から中ノ沢を1:1で分ける、ここから綺麗な滑床が続きしばらくキノコを探しながら歩いていくと右に3段25mの滝がかかる枝沢がありそこを過ぎると2段18mの大滝が出て来てここは右側の巻き路を登る。滝の落ち口に下りる所が滑りやすいので慎重に下りた。上には釜を持った小滝がありそこを過ぎると河原歩きになりここで初めて下降してきた単独者に遇う。

遡行7
しばらく河原歩き・・・

大滝
葛根田川の大滝

河原歩き
しばらく河原歩きがつづく

右に滝がかかる枝沢を過ぎると程なくして広い河原が出て来て今日泊まるテン場に到着。11人が余裕で泊まれる平坦な広いところで何箇所か焚き火の跡が有りました。あまり立木が無いのでどういう風にタープを張るのかと思ったらロープ2本使い一本は対岸の木に繋いで何とか張ることが出来た。全員で薪拾い11人もいるとあっという間に薪が集まりマンパワーは凄い。

テント場
広い露営地

乾杯
まずはかんぱ〜い、火にかかっているのは豚汁の鍋とご飯の鍋

焚き火を囲んでまずは乾杯〜みんなおつまみやお酒を持ってきている、マッコリ・日本酒・ビール・焼酎・ワインとで、おつまみもキュウリ・サラダ。チーズと回ってくる。考えたら8期は全員飲めるのだわ。夕食のとん汁も美味しく出来た。夜には満天の星空のした、焚き火を囲んで夜遅くまで話は弾んでいたようです・・・・私、今回も早々とダウンしてしまいました。しかし、10月の沢中は寒い!!3シーズのシェラフにシェラフカバーでも寒くて夜中にレインウェアーの上下を着込んだがまだ寒かった。

------------------------------------------------------------

翌朝はみんなやっぱり寒かったと焚き火の前に集まってきた、周りの紅葉も心無しが色づいたようなきがする。8時出発なのに早々と出発の準備をしてしまい、そんな私達を見てのんびりとコーヒーを飲んでいる塾長が「でも撤退するときは遅いのだよな〜」と言われる。〈翌日それが現実に・・・〉

朝

8時ちょうどに出発、すぐに1:2で滝ノ又沢の出合いを過ぎ北ノ又沢に入り沢巾もいつも遡行しているくらいの巾になってきた。河原歩きからゴーロ帯を歩きに変りH860地点の二俣着いた、水量比は1:3ここで本流を分け6m滝の左を登って左俣に入る。

遡行7
朝一の歩き出しは寒いな〜

二俣
二俣に到着、左沢に入る

滝
最初の取り付きが滑る・・・みんなで協力して登る

滝上に出るとまた平坦な河原歩きになり倒木も多いのでキノコを探しながら歩く、大きな倒木が沢を塞いでいたりするがキノコは無い。中州のようになっている場所を過ぎるとH930地点で奧の二又を右沢に入り、そこを過ぎると綺麗なナメ床になり平坦な河原を歩いていくとなんと倒木の所に形も良く粒も大きいナメコ発見!!みんな初めて天然のナメコを見たとのことで大喜び〜良かったね。

遡行
渓相は狭くなり滑床も出てくる

ナメコ
ナメコ発見!!

しばらく行くと目の前に20mはあるスラブの大滝が出て来た、直登は無理なので左を高巻くが浮き石が多く掴む根っこも不安定なので気をつけるように前から伝言が来る。上はまた平坦なナメ床が続きしばらく行くと目の前にまた二段7mのスラブ滝が出て来て、ここは右を登りますが上部の草付きが滑るので初めてロープ確保で登る。

滝
左が大滝・・・右が唯一ロープが出た滝

滝上はますます沢巾が狭くなり1050m二又の左沢に入り傾斜が急になって登っていくと八瀬森湿原に出た。上は青空が広がっていて湿原は草紅葉〜周りも紅葉していてとても綺麗でみんな歓声をあげた。登山道に出て左に少し歩くと八瀬森山荘に着きそこで休憩なかなか綺麗な小屋でした。

源頭
源頭になる

八瀬森湿原
八瀬森湿原に到着〜紅葉が綺麗

さて八瀬森湿原から下降する関東ノ沢右俣は何処だろう・・・・地形図からは北に向かう、山荘からは左の方角になるのは判るが広い湿原で源頭を探すのは難しい。

湿原
八瀬森避難小屋と、湿原の泥炭地〈塾長は底なし沼と呼んでいた〉

もちろん塾長は判っていて藪の薄いところを探しながら進んで行き源頭に着く。ちょろちょろの流れを下降していくと左から一本枝沢が合わさり、そこには「東京岳人倶楽部」と書かれた真新しい赤布が有った。しばらく行くと右から3:1で枝沢が合わさりここが1050の二俣でここにも赤布がある。枝沢が合わさって来ると沢の水も増え沢巾も広くなりゴーロ帯になってきた。あまり大きな滝は出てこないが下降の場合は登るよりも慎重になる。

関東ノ沢右俣
関東ノ沢右俣を下降する

1010m地点で右から1:1で関東沢と出合う、地形図を見るとこの沢を登れば湿原になり大深沢の三俣に出られる。シートカットできそうですがそうすると大深沢にかかる滝が見られないとのことでそのまま下降していく。ここからいっきに沢巾も広くゴーロ帯の岩も大きくなり下降するのが大変、一箇所下りるルートが難しい所があった。でも全体的に大きな滝もなく淡々と下れる。

遡行
一箇所、下りるルートが紛らわしかった所

出合い
大深沢本流と出会う

898m地点で水量比1:1で二俣に到着、今度は右を登っていくと深いトロにペアのイワナがいた。7mナメ滝が出て来て左側から大岩を乗こして登る、その先に見えてきたのが巾30m高さ20mはあるかと思う大滝、これが通称ナイアガラの滝と呼ばれているらしい沢登りしていて今まで見た滝の中で一番大綺麗な滝です。何処を登るのかなと思っていたら左のリッジ状の所から簡単に登れた。登ってみた上にはナメが続いていてみんなびっくり!!まさかこんな景色が待っているとは思いもしません。ここまで来ると今日泊まる三俣はすぐです。

滝1滝2滝3
ひらめきクリックで大きくなります。美しい滝ですね



三俣、左は明日遡行する仮戸沢(けとさわ)で塾長も遡行するのは初めてとのこと、釣り師が下降してくる位なので難しいとこは無いと思うと言っていましたが、地形図を見ると200mくらい等高線が混んでいる。真ん中は本流の北ノ又沢で出合いには綺麗なナメ滝がかかっていた。右は東ノ又沢で薪拾いに行った人が綺麗な釜が有ったよと言っていた。

三俣
三俣に到着・・左の木立の中にタープを張り、焚き火は河原。

今回の泊まり場は11人が横になるには少し狭い、タープは三角ではなく広げて張った。この場合片方は少し斜めに張らないと雨が降った時雨が入ってくると教えて貰うタープも色々な張り方が有るのですね。タープを張る人と薪拾いする人と別れ薪が有る程度集まってきたので、私が初めて1人で焚き火に挑戦なんとか火をつけることが出来ました〜嬉しいな。


大好評だったSugiさんの杏仁豆腐〜美味しかったです。

今晩のメニューはSugiさんのスープカレー、ご飯もちゃんとターメリックを入れて黄色いし野菜もオクラをはじめたくさん入っている。もちろんお酒もおつまみもまだたくさん出て来ます。でとどめが杏仁豆腐〜いつの間に作っていたのかこれにはみんな驚き、さすが杉坂さんですご馳走様でした。今年最後の焚き火をみんなで車座に囲んで話は尽きません、今日こそは最後まで起きているぞと思っていましたがやっぱり早々とシェラフの中に入ってしまいました。


山はそんなに甘くない・・・・忍耐の3日目
------------------------------------------------------------

夜中の2時に目が覚める昨日程寒くない、トイレに行くと焚き火の側で3人寝ています。シェラフに戻るとパラパラと音がして雨が降ってきた。焚き火の側に居た2人もタープに入り塾長は河原に小さなタープを張っていた。そこからは雨の音で眠れずに朝を迎え、塾長からラジオの天気予報を聞いたところ秋田県地方は大雨洪水注意報が出ているとのことで、増水の心配があるので早めに出発しますと言われ急いで朝ごはんを食べて準備。みんなテキパキと動いていて予定の1時間前7時に出発することが出来た。

遡行
雨の中、急いで出発

すぐに仮戸沢に入って登りはじめる、塾長から急いで歩かないと帰れなくなるよとはっぱをかけられるがゴーロ帯の登りは大変で息が上がる。雨も止むけはいがなくますます強くなる、滝の登りは無いが急傾斜のゴーロが続き1時間ほど登ったところでやっと平坦になった。

遡行
源頭近くなのに水量が減らない・・・・

そこからは急いで歩いていくが沢巾が狭くなるのに水量が減ることはなくますます多くなる感じで濁りも出て来た。本来の予定ではそのまま詰めて1355m付近嶮岨森の鞍部に出る予定でしたが、途中で塾長が「上に池が有るので、このまま登っていって池に持って行かれると身動きが取れなくなるので枝沢に入る」と言い少し戻って枝沢に入る。私達初心者は経験がないのでそれがどういう事か想像出来ないが、昨日歩いた八瀬森湿原のようなところが水浸しになり泥炭に足をとられて体力消耗、挙げ句の果てに歩けなくなる・・・・たぶんもっと凄いのだろうと思うがそんな感じかなと思った。

でも枝沢に入ってからの藪漕ぎも半端でなくましてネマガリ竹の藪漕ぎは大変、メンバーの中でメガネを飛ばされたり、落としてしまったり、私はもう少しで目を突きそうになりました。霧中で前の人に着いていくが近すぎても跳ね返りが怖いし離れると判らなくなる。人数も多いので常に先頭から付いてきているか確認の声がかかる。何処を歩いているのか判らなくなり(塾長は判っていたけど)途中で休憩の時にコンパスで確認、東に行けば登山道に出るとのことが判りコンパスで修正しながら塾長が藪の薄いところを選んで登って行く。それでもネマガリ竹の藪は手強い、傾斜が急になり竹藪からハイマツ・シャクナゲの藪に変わって少し登ると嶮岨森山頂の少し下の登山道に出ることが出来ホッとしました。枝沢に入ってから二時間かかっている、稜線は雨風が吹き付けて寒い急いで大深山荘目指して歩き出します。

登山道
やっとの事で登山道に出ました〜〜何故だか笑顔です(笑)


ひと登りで嶮岨森山頂〜何も見えないけど取りあえず記念写真

登山道も沢のように水浸しもちろん登山靴に履き替えないで沢靴のまま歩く、40分程で大深山荘に到着綺麗な避難小屋の中に入りやっとひと息ついてお昼を食べる。松川温泉発のバス時間があるのでゆっくりしていられないので山荘を出発しますが外は寒い。巻き路を行く予定が分岐を通り過ぎてしまい源太ヶ岳に登ってしまうが、この稜線天気が良かったらさぞかし景色が良いだろうなと思う。山頂からは松川温泉の白い湯けむりが見えた。ここからの下りは登山道に水が流れてドロドロぬるぬる、まして沢靴なので滑る何回転んだか判らない、下に来ると木道になっていてホッとしました。周りはブナの森でとても雰囲気が良い所、ザックもおしりも泥でまっ黒になりながらなんとか予定の時間に松川温泉に着くことが出来ました。


葛根田川を遡行してみて、天気の良かった沢から沢への沢旅の楽しさと天気が悪くなった時どうするかの良い経験をさせて貰いました。沢登りは本当に色々と経験して学んでいくのだなと改めて思いました。塾長に去年の私だったら葛根田川には来られなかったと言われ、今までの積み重ねが今回の沢旅に繋がってとても嬉しかったです。それからみんなで協力して色々と出来たし、なにより参加全員が無事に歩き通せて松川温泉にたどり着いたことがとても嬉しかった、参加したみなさんありがとうございました。そして10人もの塾生を連れて行ってくださった塾長に感謝します。

※------------------- 〔moguのひとり言〕 --------------------------※

3日間の沢旅を終えた後、疲れがボディブローの用に後からじわじわと来て帰ってから何もやる気が起きなくレポも遅くなってしまったたらーっ

岩登りもしていないのに、指先がボロボロでこれは藪漕ぎでなったのかな?あと下山で転んだときに肩をひねったみたいで痛かったし、沢では初めて60のザックを担いで行ったからか・・・歩いているときはあまり感じなかったけど、帰ってからドット疲れが出た感じ。とにかく3日目の強烈な印象で、葛根田の沢旅も忘れられない沢登りになりました。
沢登り教室補講 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする