沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 丹沢・新茅ノ沢レスキュー訓練 | main | 奥多摩・日原川小川谷滝谷 >>

奥多摩・峰谷川長久保沢

※遡行日: 2008・3/23(日)晴れ※2万5千地形図:奥多摩湖
※遡行場所:奥多摩・峰谷川長久保沢
※メンバー: 塾長、アシスト久美さん、Satoさん、Takaさん、Sakaさん、Iさん、mogu
※ルート:鳩ノ巣駅〜(車)〜雲風呂8:40〜(徒歩)〜長久保沢入渓点8:45〜入渓〜(遡行)〜雨乞いの滝11:05/11:15〜滝上12:05/12:35(お昼)〜榧ノ木山西南尾根14:50/15:10〜(山道)〜榧ノ木山西南尾根下降〜峰谷川林道16:10〜雲風呂16:20着〜(車)〜もえぎの湯〜鳩ノ巣駅解散
※立ち寄り湯:もえぎの湯
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止

レスキュー訓練が終わり、いよいよ中級の沢登りが始まる。遡行する長久保沢は滝場が多く登攀的な沢とのこと、また30mの雨乞いの滝を見るのも楽しみ。鳩ノ巣駅から車で峰谷集落の手前雲風呂という場所に車を止めて支度する。そこから長久保沢出合いまで歩いて行くが、塾長からここが長久保沢だよと指さしたところには水も流れていないし車の轍が有ったりして本当にここが沢なの?という感じでした。

入渓
まったく沢らしくない入渓点・・・

2

仕事道を少し歩いて倉戸沢の出合いから入渓する。いきなりゴルジュになりへつりで小滝を越える。堰堤を1つ超えると釜をもった3mの滝は交代で肩がらみ確保して登る。

3
交代で確保の練習をする

次ぎに見えてきたのが2段18mの滝一段目は登れたが二段目は左を高巻く、そこを過ぎたらいきなり開けて伐採地に出た。ここから山道を歩くと通行止めの看板が立っていたので工事の人に断って通らせて貰う。伐採して裸になった山肌は殺伐としている、この後ちゃんと植林してくれるのかな。ここまでは何となく沢も荒れた感じでしたが、伐採地を過ぎるとやっと沢らしくなりました。

二段の滝
二段18mの滝が見えてきた。

ワサビ田後を過ぎゴルジュになると6mの釜を持った滝が右にカーブしたところに掛かる。塾長が右側を登りロープを出してくれて登り、ここでは残地ロープを支点に使いATCでの確保練習をさせて貰うが、本来中級になるとここではロープは出さないで登るところだそうです。今回はシーズン始めの沢だしDクラスなので出たのかなと思う。ロープの扱いもまだもたもたしているので塾長からもっとスピードアップしないとダメだといわれました。


横向きの滝、本来はロープを使わずに登る。

登り切ったところが棚沢の出合いで水量比は3:2綺麗な滝が掛かっている。そこを過ぎ小滝と釜の連続を登っていくと遠くに大滝が見えて来ました。雨乞いの滝だ!!30mを一直線に流れ落ち滝は迫力満点、こんな綺麗な滝が榧ノ木尾根の下に有るなんて想像もしませんでした。


小滝を越え行くと

大滝
前方に雨乞いの滝が見えてきた。


記念写真

もちろん滝は登れないので高巻きます、高巻きは左の枝沢を登り二俣になったところで右にトラバースしていく、このときに持ってきたピンソールを付けたらザレ場も滑らず歩けました。高巻きに掛かった時間は50分、沢床へはロープ二本繋げて懸垂で下り、下りた河原でお昼です。日が差して暖かい。



お昼を食べたところからすぐに大平沢を3:1で分けゴルジュのなか釜を持った4mと5mのナメ滝を越していく。

滝

傾斜も急になってナメ床を過ぎると前方に石積みの堰堤がでてきて、そこを過ぎるとワサビ田後の石積みがしばらく続く。

ワサビ田

左に枯れ沢を分け2m樋状の滝は右を巻く、その上には7mの滝がありロープが出ました。最初の一歩がいやらしい、ここでも交代で肩がらみ確保で登る。



この滝が最後で後はガレガレの詰めを350m登り、1400m付近から左に登って14:50分榧ノ木山西南の尾根に出た。

詰め
ガレ場の詰めは足を取られるし、落石起こさないように注意しながら登るので疲れる。途中でピンソールを付けたら滑らずに登れた。


久々の高速下山・・・・

久しぶりの詰めはきつかった、また下山も長く久しぶりに太ももが筋肉痛になりました。これから登る中級の沢はもっと大変だと思うが、8期9人、力を合わせて11月まで頑張りましょう。


星------------------ 〔moguのひとり言〕 ------------------------星

やっぱり沢登はきついわと帰ってからの筋肉痛で改めて思った。冬の間トレーニングしていたのに、こんなに筋肉痛になるなんてトレーニングしていなかったらどうなっていたかたらーっ まだまだ体力がないよなぁ〜と改めて思った。

今回気がついたこと・・・・
ガレ場の詰めを登るときに、ずるずるで足を取られ立ち込めずに四つん這いになってこれが結構体力を奪うことに気がついた。これって雪山をつぼ足で登るときステップを崩し滑ると疲れるのと一緒かも、雪山とガレ場の登りって基本的に同じような登り方なんだと思った。
沢登り教室補講 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする