沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 奥多摩・日原川小川谷滝谷 | main | 大菩薩・丹波川泉水谷小室谷 >>

奥多摩・峰谷川坊主谷

※遡行日: 2008・4/19(土)曇り※2万5千地形図:奥多摩湖・丹波
※遡行場所:奥多摩・峰谷川坊主谷
※メンバー: 塾長、アシストYamazakiさん、9期のみなさん5名、mogu
※ルート:鳩ノ巣駅〜(車)〜三沢橋付近林道〜(徒歩)〜坊主谷入渓8:55〜(遡行)〜中ノ谷出合11:35/12:00〜シダノ沢・坊主小屋沢出合13:05〜坊主小屋沢遡行〜浅間尾根登山道・水場13:55〜(登山道)〜鷹ノ巣避難小屋14:30〜浅間尾根登山道浅間神社15:05/15:15〜林道15:35〜(車)〜小菅の湯〜鳩ノ巣解散
※立ち寄り湯:小菅の湯
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止


6日の滝谷から次の小室川まで3週間と間隔が空いてしまうので、初級クラスの坊主谷はまだ遡行していなかったから参加させて貰った。天気予報は余りよくなく前日まで雨が降っていて沢も増水しているだろうなと思いながら鳩ノ巣に向かう。車窓からは山の木々も衣を付けるように新緑になっている雨の後の新緑は本当に綺麗です。

お天気は何とか持ってくれていて塾長の車で峰谷に向かう、途中の奥多摩湖畔も桜が見頃でした。峰谷から奧集落に向かい途中の三沢橋から峰谷林道に入りモロクボ沢と坊主谷の出合いまで行きますが、釣り師さん達の車が駐まっていて、坊主谷に入っていないと良いのだけどと塾長が心配していた。林道に車を駐めて支度少し歩いて坊主谷に入渓します、やっぱり水量がいつもより多い。

入渓
出合いの橋の所から入渓

堰堤は右から2つ超して右から2本枝沢を分けると初めのゴルジュ帯になり、中はCS3m2条・5m・CS5mの三つの滝が連なっている。増水で釜も深くここは左から巻きます。いったん下りて釜を持った小滝を右から巻いて、堰堤を1つ超すと左に崩壊地、上を見たら林道のガードレールが見えました。4mの釜を持った滝はへつりで突破。次ぎに2mの小滝を越えると幅広の6m滝でここは左を巻く。





小滝を超えてH860の枝沢を分けるとミニゴルジュになり4m・8m・2段6mの滝が続きここは右を巻く。水量が多いので左から右に移るのにも慎重になる、水流の中何処に足を置けば安全か教えてもらうが見ただけではまだ判らない。一箇で所肩がらみ確保をさせて貰う。





水量が多いとこういうところも怖い

樋状のナメ滝を過ぎるといよいよ大滝、3段になっているようだが2段目しか見えない。水量が多くいつもなら滝を登るとのことだが、今回取り付きに行くのに胸くらいまで水に浸かりそうでパス。左から高巻くがこれが下に滝を見ながらの高巻きで緊張する。少しでもバランスを崩したり滑ったりしたら大変なのでいつも高巻きが一番神経を使い慎重に慎重にと自分に言い聞かせている。滝上に着き初心者クラスのメンバーは懸垂で下りますが、塾長から中級はこのまま下りると言われガレ場を下りたが、少し腰が引きぎみだったかも。大滝を登れなかったのがちょっと残念。


ナメ滝を過ぎると・・・

大滝
大滝です。

大滝上も小滝が続きナメ滝を過ぎると左から水量比1対1で中ノ沢の出合いそこでお昼。この頃になるとお日様も出て来て青空も見えてきた。


お昼を食べた中ノ沢との出合い、両方に石積みの堰堤があった。

出合いからすぐに3mの滝がありそこを過ぎると石積みの堰堤が出て来て、ここからはワサビ田跡の石積み堰堤が続く。時折小滝が出て来たとおもったらまたワサビ田跡で交互に出てくる大滝から上はこんな感じ。右上に何か見えると思ったら取水施設があるそうでそれの巡視路になっているとのことでした。




ワサビ田跡の石積み

今回は水量が多いから普通の所も滝になってしまっているのかも、左から水量比1対1でシダノ沢と出合いここから右沢の坊主小屋沢を遡行、後はひたすら詰めてH1440奧二俣を過ぎ急登を登ると浅間尾根の水場に到着。登ってきたところを上から見ると良くこんなところと思います。




浅間尾根登山道の水場に到着〜お水は勢いよく出ていた。

靴を履き替えて鷹ノ巣避難小屋まで行く、避難小屋ではもう宴会をしている人達が居ました。浅間尾根を下り浅間神社のところから登山道をはずれ尾根を下降して峰谷林道に下りた。

星------------------ 〔moguのひとり言〕 ------------------------星

浅間尾根はまだ山を始めたばかりの時に雲取山から歩いてきて下山した尾根、ヘロヘロになりこの水場で水を飲んだ記憶がある。その時にはまだ沢登りがあるなんて知らなかったし自分が沢登りをするなんて思っても居なかった、詰め上げてきた沢を見下ろしてまさか今の自分がそこから登ってくるとはなんとも不思議な感じがした。ラッキー
沢登り教室中級補講 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

gollyちゃん、なにいってんだか(笑)
カヌーは水に入らないのかな〜
mogu | 2008/05/01 12:19 PM
「足首以上の深みに入るな!」の家訓を守っている僕は、風呂に入るのもママと一緒なのに、moguちんは一体何を考えているのでしょう?
ったく〜〜〜(~_~;)
golly | 2008/04/29 6:20 PM
コメントする