沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 虎毛・役内川湯ノ又沢〜虎毛沢赤湯又沢〜虎毛沢右沢 | main | 奥秩父・笛吹川東沢釜ノ沢東俣 >>

吾妻・前川大滝沢

※遡行日2008・8/2(土)曇りのち晴れ
※遡行場所:吾妻・前川大滝沢
※2万5千地形図:天元台



※メンバー: 塾長、Itoさん、Isiさん、、mogu、Yamaさん、
※ルート:米沢駅5:15集合〜(車)〜滑川温泉手前駐車帯7:25〜大滝沢出合いの橋〜大滝沢入渓7:30〜(遡行)〜樋木沢出合12:45〜登山道徒渉点13:25〜潜り滝〜登山道徒渉点13:50/14:00〜(登山道)〜滑川温泉15:30〜(車)〜峠駅解散
※立ち寄り湯:滑川温泉・福島屋
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止


今回遡行する大滝沢のキーワードは遊ぶ!!
去年の中級の人達の楽しそうな様子を写真で見て是非いってみたい沢の1つでした。

夜行バスで米沢駅に到着、渓友号に乗って入渓地点の滑川温泉に向かう。天気は曇りで山にはガスが掛かっている。峠駅を過ぎて大滝沢の出合いの橋を過ぎると右に4〜5台駐められる駐車スペースがありもう何台かの車が駐まっていました。渓友号を駐めて支度していると横浜ナンバーの車が一台来てその方達も大滝沢に入るようで他の車のナンバーを見ても関東が多く人気のある沢なのですね。

塾長からこの沢はお天気が良ければ初級レベルでとても綺麗な沢だが、V字谷で雨が降るとすぐに増水して草と岩がミックスした両岸は逃げ道がないので中級に入れてある。温泉が混入しているので水は飲めない。滑川大滝の高巻きのトラバースに注意との言葉があり最後に今日は大いに楽しんでくださいと言われた。私は泳げないので今回もライフジャケット持参・・・


入渓

入渓からいきなり赤褐色ナメが続き、すぐに釜を持った二段の滝が出てくる。



1段目は左をへつり、2段目は釜を横断して右からへつって登る。

登り終わると右から一本枝沢が入り、次ぎに出て来たのが大きな釜、ここは泳がないとダメ・・・・どうしようと思っていたらザックピストンで渡らせてもらいました。


今回は上手くできました〜

ナメと滝と釜が続きます。


みんな途中で泳いだりして遊ぶ。小滝の所に来たら塾長からここで遊んでも良いですよ〜と号令がかかりみんなで遊ぶ。


ウオータースライダー・・・私はカッコだけ〜たらーっひらめき大きくなります。

ひとしきり遊びまた歩いていくと前方に滑川大滝が見えてきた〜!!
日本の滝100選に選ばれている滝とのことですが、その大きさと迫力に圧倒されます。ここまでは登山道から下りる道が付いていて、一般の観光客の人も見に来られる。いままでこんなに大きな滝は見たこと無い、そしてこの滝はスラブの壁を落ちてくる幾筋もの水流が何とも綺麗で、遠くから見るとまるで白い布がたなびいているようです。塾長からまたここで遊びでも良いですよ〜と声が掛かり、みんなで滝の下に入り滝修行。スラブから落ちてくる水流は易しい、こんなこと出来るのも沢登しているからですね。


ひらめき大きくなります。

残念なことに、ここでItoさんがリタイアすることになった。虎毛で痛めた足首の調子が悪くなり大滝の高巻きは無理と判断。ここからだと大滝を見に来る登山道があるのでそこを登って滑川温泉に戻ることが出来る、大滝から上に行くとエスケープ出来るところがないからとの塾長の判断でした。登山道まで塾長に連れられて行くItoさん後ろ髪を引かれるような感じで、見送る私も何とも言えない心境でした。でもこの後の大滝の高巻きも大変だったしゴーロ帯も結構あったので足が悪いと大変、残念だったけど行かなくて良かったと思いました。


Itoさんが戻る登山道から撮った滑川大滝・・・体調を調えてまた来ましょうね。

さてItoさんを送っていった塾長が戻りいよいよ大滝の高巻きです。踏み跡はバッチリと付いているので迷うことはないと思いますが、トラバースするところが2箇所有り要注意箇所。


滝上に出たところ〜上はナメが続いています。

また釜が出て来てひとしきり遊ぶ〜私は見学。


飛び込み・・・・よくこんなこと出来るな〜

滝が次々と出て来ますがどれも登れる滝で、ここのナメは滑らないので登りやすい。




お天気もだんだんと良くなってきた


私もちょこっとラッコ泳ぎの練習〜これしかできません。

綺麗なナメ滝で遊んでいると、後から4人組の人達が追いついてきました。彼たちは右を登っていきましたが渓友塾では左を登った。


綺麗なエメラルドグリーンの釜、泳げる人が羨ましいひらめき大きくなります。

すぐに幅広の綺麗な滝が出て来ました。先ほどの4人の人達は左側を登っていましたが、私達は右側を登ります。4m程でしたがホールドが細かくお助けロープが出ました。一歩めのスタンスが無く足を押さえて貰い登った。




滝上はまたまたこんな綺麗なナメでした。

何箇所かの滝で遊び2箇所巻く滝がありましたが踏み跡が付いていてて問題い。前方に多段の滝が見えてここでお昼、天気も青空が見えてきて沢の中も明るくなりました。お昼を食べていると駐車場で一緒だった横浜の3人の人達が追いついてきて先にいった。


この先で少し早いお昼。


お日様が出て釜の色が綺麗ですねぇ

ここで塾長がこの先に滝壺を泳いで渡り滝に取り付くところがあるけれど、そこが判るかな〜と言っていた。見ているとしばらく思案して水に濡れたくないのか左の壁をへつり突破していました。私達も追いついて、へつると言うよりも高巻き見ていたらその方が怖かった。私はまたまたお助けロープを出して貰いザックビストンで渡りました。


白い点線の所を泳いで滝に取り付く、へつるよりも安全ひらめき大きくなります。

登ったら3人の方達が休んでいて、塾長に今のところの登り方を聞いていた。ここは泳げる人がいたら絶対泳いで滝を登った方が安全だと思う。泳げない人は私のようにザックピストンしてもらえれば良いしね。




またまた遊びます・・・・私は日向ぼっこ(^^;

上に吊り橋が見えてくると鉱山後が右に見えてくる、遊ぶところもそろそろ終わり。トイ状ナメ滝でまたまた遊んで樋木沢出合に到着、この沢を登っていくと登山道があるので普通はここで遡行中止になるそうです。渓友塾はこの先にあるの潜滝まて行きます。ここから先はゴーロ歩きなり、右側には鉱山後や温泉が出ているところがあったりします。深い淵も出て来ますが、私でもなんとか背が立つので渡れました。40分ほどゴーロ歩きで登山道の徒渉点に着き潜滝に行く。



潜滝はチムニー状の所を一直線に落ちている滝で豪快です。滝壺に岩がありそこを潜って越える・・・・2人とも潜って抜けられて凄いわ。


潜滝、25m位あるのかな

ひとしきり遊び登山道の徒渉点まで戻り靴に履き替えていたら、先ほどの3人の方達が来た。お話しをするとここから明月荘に行くそうで潜滝はすぐですよと言うと荷物を置いて見に行った。ここからは滑川温泉まで登山道を下っていきます。途中からは遡行した大滝沢も見え、楽しい夏休みの沢も終わってしまいました。


滑川温泉に到着

滑川温泉でサッパリとして、奥羽本線峠駅まで行きそこのお店で電車の時間までゆっくり過ごし、塾長に見送られて電車に乗り帰ってきた。

星------------------ 〔moguのひとり言〕 ------------------------星

大滝沢は本当に綺麗な沢だったなぁ〜滑川大滝は大きさでは迫力あるけど滝の下で遊べるし、滝に打たれるというよりは滝がシャワーのようで楽しかった。

私は子供の頃から滑る系は苦手でスキーもスケートもダメ、水も海では浮き袋がないとダメだしブールなんて行ったことがない。少しだけ泳げるようになりたくて水泳教室に通ったことがあるけど素質がないのか途中で挫折してしまった。今回ウオータースライダー、みんな楽しそうにやっていて私にもしきりに勧めてくれたのでやろうかな〜とちょっぴり思ったけどやっぱり勇気が無くて出来ませんでした。もう少し若かったらやっていたかも〜たらーっ (負け惜しみ)
沢登り教室実技 | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

長門さん、こんにちは〜♪
私の記録が少しでもお役に立てたのなら光栄です。
大滝沢はわたしももう一度行ってみたい沢の1つです。
mogu | 2011/08/10 1:22 PM
楽しい沢の記録ありがたく見せていただきました。今回で3度目になりますが、タ足し、大滝より先が未踏だったので、私と同行者に良い参考になります。
長門 | 2011/08/09 2:16 PM
いい顔してますね〜(^_^.)
魔法の「赤いチャンチャンコ」で、次はウォータースライダーにも挑戦して下さい(^_-)-☆
楽しいヨ〜\(~o~)/
golly | 2008/08/09 10:58 AM
お久しぶりで〜す

すご〜いところ、あるんですね、知りませんでしたぁ〜
山登りの中にこんな世界があるんですね、沢登りってスゴイ!!
たとえ泳げなくてもmoguさんのうれしそうな顔見てると、楽しさが伝わってきます♪
また、天気にも恵まれて、写真がみんなきれいですね

暑いけど、また、頑張ってくださ〜い
teel隊もそれなりに頑張ってま〜す(笑)
teel | 2008/08/08 10:57 PM
セブンさんの言うとおり、子供の頃に経験していたらまた違っていたかもねぇ〜私の頃は流れるプールもウオータースライダーも無かったもの、大人になったらブールなんて行かないしね。長いすべり台も苦手だから、どっちにしてもダメだったかも(笑)
mogu | 2008/08/08 9:15 PM
私もねえ、泳げません! (キッパリ)
水は顔洗っても溺れます。
浮きません。

でもねえ、安全な所でウオータースライダーって物をやってみたいですねえ。
子供の頃からそんな環境があれば良かったのにねえ・・。
私達の地元には無いですものねえ。

moguさん、チャレンジ!!
セブン | 2008/08/07 10:08 PM
コメントする