沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 谷川・魚野川万太郎谷井戸小屋沢右俣 | main | 仙台二口・名取川小松原沢 >>

尾瀬・片品川中ノ岐沢北岐沢

※遡行日2008・9/27(土)〜9/28(日) 雨のち曇り
※遡行場所:尾瀬・片品川中ノ岐沢北岐沢※2万5千地形図:三平峠・川俣温泉



※メンバー: 塾長、9期みなさん5名、8期Aoさん、mogu
※ルート: 26日沼田駅〜(車)〜白沢高原道の駅(仮眠)
27日:泊場7:30〜(車)〜大清水駐車場8:30/9:05〜(奥鬼怒林道・徒歩)〜林道ヘアピンカーブ付近10:30/10:55〜北岐沢入渓11:00〜(遡行)〜15m大滝上12:30/13:10〜H1780付近奧二俣上15:00着(泊場)
28日:泊場8:00〜(遡行)〜小松湿原8:50/9:00〜登山道9:20/9:45〜鬼怒沼湿原11:30/12:00〜物見山12:30/12:40〜大清水駐車場14:40着〜(車)〜花の駅・片品 花咲の湯〜沼田駅解散
※立ち寄り湯:花の駅・片品 花咲の湯
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止


初級の講習で尾瀬の沢が入っていて尾瀬は私が山登りをするきっかけになった所なので、是非行ってみたいと思い初級の講習に参加させて貰った。前夜沼田駅集合で道の駅に泊まる、朝起きたら曇りですが山の方にはなんだか嫌な雲がある。天気予報は回復傾向にあるので雨は降らないだろうと思っていましたが、尾瀬の大清水の駐車場に着くと小雨が降ってきて山のお天気は判らない。出発するときに沢の格好をした4人の人達が居たので、どこに入るのか聞いたら私達と同じ北岐沢を遡行して稜線で行き泊まるといって一足先に歩いていった。


大清水を出発

当初の計画ではブナ沢を下降予定でしたが登山道から鬼怒沼湿原に行き物見山から大清水に下りるコースに変更になった。大清水の駐車場から奥鬼怒林道を歩いていくと私達の前を単独の男性が歩いていて沢登りの格好をしていないので不思議に思って話しかけたら、「山歩きはキライなので林道を歩いて奥鬼怒にいくのです」と言ったのには驚いた。この林道を歩いていけば奥鬼怒八丁ノ湯の所に出ますが・・・・まぁいろいろな人がいますね。

1時間30分で入渓点のヘアピンカーブの所に付くと先に出ていた4人組の人達が支度をして入渓していった、私達もゆっくりと支度をして入渓する。入渓するところにはしっかりとした踏み跡があります。


入渓地点

沢は小滝とナメが続き雨は降ったりやんだり遡行するには気にならない降りですが沢を吹いてくる風が冷たい4mの大釜を持った滝は右を巻く。次ぎに3m2条の滝は左を登り上に出るとしばらくナメが続いている。8mトイ状の滝は左を小さく巻いて左に一本枝沢を分けて歩いていく。

滝1
4m滝

滝2
二条3mの滝

滝3
トイ状の滝は左を巻く

次ぎの4段10mの滝が出て来た、ここで先行していた4人が左側の壁をロープを使って登っていたので、私達は右を巻いて先行することにした。

滝4
4段の滝左は先行者、私達は右の踏み跡を登る。

この滝上からはしばらく河原歩きになり1:3で枝沢を分けると正面に大きな岩壁が見え沢は右に曲がり右にも壁が出て来た。少し行くとまた左に岩壁が出て来てその先に15mの大滝が現れた、見学して少し戻って左岸を高巻いていると大滝の側にある二段の枝沢が見えた。


滝と滝の間はこんな感じの河原歩き


目の前に岩壁が・・不思議な風景

大滝
大滝、左奧に枝沢が有り2段の滝が掛かっている。

高巻きを終えて沢床に下りたところでお昼、雨は止んできましたがじっとしていると寒くて体が震えて来る。川上から吹いてくる風か氷のように冷たくて雨具のズボンを履き上着も一枚着てやっと震えが止まったくらいで沢の中でこんなに寒い経験は初めてです。


滝上でお昼〜この時一番寒かった。

お昼が終わり出発するときに塾長からこの先はやさしいので、私が先頭を歩くように言われ初めて沢登りで先頭を歩かせて貰いました。先頭になると歩くルートを見るために先を見ないといけない、いつも人の後から歩いて下ばかり見ていたので新鮮な感じでした。でも時々どっちのルートをとるか迷った時には後を歩いているAoさんに聞きながら歩いていく。沢はナメと滝が交互に出て来て滝はみんな階段状で快適に登れる。


初めて先頭を歩かせて貰う


大滝の上は小滝とナメが続く、天気がよかったら綺麗だと思う。

H1650の二俣に付き右沢に入りすぐまた二俣になり今度は左沢に入る、この付近には泊まり場にちょうどよいところがあったが、明日のことを考えてH1780の奧の二俣まで行くことになった。奧の二俣までは小滝とナメナメが続き本当に癒し系の沢だわ〜


滝も階段状


ここからしばらくナメが続きとても綺麗〜

奥の二俣に着いたら後から4人の人達も追いついてきたので、よい場所をとられないように泊まり場を探しに左沢を塾長、右沢をAoさんが探しに行った。右沢の上にちょうどよいところが見つかりそこを今日の泊まり場とした。4人の人達はそのまま登っていった稜線まで行くのかなぁ〜寒いから沢の中で焚き火すればいいのにねぇなんてみんなで話していました。みんなで薪拾い、薪が湿っているので私達には火を起こすのが難しいので塾長に付けて貰う。こんなに寒いと焚き火がありがたい、火を囲んで久しぶりに食べた渓友カレーは美味しかった。


湿っているので煙が凄い〜でも火の暖かさがありがたい

寒さも持って来た洋服を全部着込んだら寒くはなかったのですが、沢を渡るときドボンして靴を濡らしてしまい靴下の替えを持ってきていなかったので、素足でシェラフに入る事になり結局足先が冷たくて余り眠れませんでした。これからの季節は靴下の替えも持っていかないと反省、この季節のウエアリング難しさが良くわかりました。


----------------------------------------------------------------

8時出発とゆっくりですが足が冷たくて3時には目が覚めてしまい、焚き火はもう消えていたのでおき火でまた火を起こし温まる。4時頃Aoさんも起き出してきて2人で焚き火に当たって明るくなってきた頃にコーヒーを入れひと息つく、この焚き火に当たりながらの朝の時間が好きだなぁ〜みんなも起きてきてそれぞれ朝ごはんかを食べて8時に出発。


泊まり場の風景

もう奧の二俣まで来ているので小松湿原まではそう遠くないAoさん先頭で歩き始めます。小滝とナメが続き4mの滝を登ると沢巾も狭くなり左に2本枝沢を過ぎると右側が開けた感じになり最後の二俣、右沢を少し行くと沢が左に曲がるところを右に登っていくと小松湿原に到着しました。そんなに広くない湿原ですが少し草紅葉がはじまっている。


小松湿原まではこんな感じ


小松湿原に到着〜


湿原からひと登りで登山道

小松湿原の左端を歩いて最後の詰めは沢形を登り登山道に出ました。余りこのコースは歩かれていないようですが登山道はしっかりしています。登山道を歩いていくとうっすらと雪がついていて、昨日の寒さ上では雪だったからあんなに寒かったと一同納得しました。鬼怒沼までは結構アップダウンがありましたがなんとか鬼怒沼に到着。


鬼怒沼湿原です。天気がよければ後に日光白根が見えるのに

燧ヶ岳の山頂には初冠雪していた。鬼怒沼でお昼を食べていたとき、昨日遇った4人組の人達がいて、「上は雪でしたよ!!寒かった」と話していきました。ベンチでお昼を食べていても風が冷たくて震え上がる、ほんとうにもう異常な寒さです。鬼怒沼から大清水までの登山道は先週下ったドンドコ沢みたいな激下りで参りました〜何とか無事に大清水の駐車場に着いた。


大清水に到着〜〜

星------------------ 〔moguのひとり言〕 ------------------------星

初めて先頭を歩かせて貰った感想ラッキー
今回は易しい癒し系の沢だったので先頭を歩いていても楽しかった、でもどこを歩こうかとか後の人のことも考えながら歩くので結構神経が疲れた〜たらーっ

でも楽しかった〜いい経験させて貰いました。
沢登り教室中級補講 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

MINMINさん、そうなんですよ〜(^^)
難しい滝とかは無かったから先頭を歩かせてもらえたのですが、やはり先頭を歩くというのことは緊張しました。

そうそうMINMINさんも去年中の俣沢ノ支流小淵沢遡行していましたよね。私も尾瀬の沢気に入りました。
mogu | 2008/10/08 8:41 PM
初めて沢登りで先頭を歩いたんですね!
やっぱり、自分で考えながら歩くのは楽しいですよね。私はそれをやりたいんで、ガイド登山に踏み切れません。
これで一歩ステップアップした気分じゃないでしょうか。これからも、どんどんがんばってね!!
MINMIN | 2008/10/04 11:24 AM
コメントする