沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 丹沢・早戸川円山木沢 | main | 地域別一覧 >>

丹沢・宮ヶ瀬湖二十女沢

※遡行日2008・11/9(日)曇り
※遡行場所:丹沢・宮ヶ瀬湖二十女沢※2万5千地形図:大山



※メンバー: 塾長、初級3人・中級3人
※ルート: 橋本駅〜(車)〜土山峠に車一台デポ〜二十女沢入り口橋9:05〜林道・徒歩〜林道終点9:45/10:00〜二十女沢入渓10:10〜(入渓)〜430m付近二俣10:30〜(右俣遡行)〜570m付近奧の二俣〜(右又遡行)〜640m付近二又12:50/13:00〜(左沢)〜鍋嵐山700m付近宮ヶ瀬尾根13:30/13:40〜(登山道)〜辺室山〜土山峠15:20〜(車一台回収)〜いやしの湯〜橋本駅解散
※立ち寄り湯:道志・いやしの湯
◇写真はすべて渓友塾からの提供なので転載転用禁止

申し込みをしてあった二十女沢、先週怪我して4針縫った手のひら、まだ抜糸済んでいないので少し不安でしたがグーパーも出来たし指を動かしても痛くない。先生は普通にしていて良いというのでどうしようかちょっと考えましたが行ってみたい沢だったので参加することした。でも、手はバッチリと保護していきましたよ。

丹沢の沢はヒルがいるので3月かこの時期にしか沢には入れない、この二十女沢もヒル注意と地図に書かれている。塾長も初めて入る沢とのことで注意点はこの時期の落ち葉が滑るので注意と、丹沢の岩は脆いのでつかまるときに気をつける事とのことでした。宮ヶ瀬湖畔から二十女沢に行く林道の橋にはゲートがあり通れなくなっているが人は柵を回り入れる。塾長が土山峠に車で来ているWataさんを迎えに行って戻ってきてから出発。林道を歩いていき宮ヶ瀬湖から二十女沢沿いの林道に入り林道の終わりすこして前で沢に下りる。林道のどこから二十女沢に下りるかが少し判りづらい、でも地形図をよく見てみると下りる所が判ると塾長から教えて貰った。


H370m付近の林道から沢に下りる。


入渓

入渓してすぐに小滝を2つ越え右からのスラブ滝の有る枝沢を過ぎるとゴルジュになる。ここは大きな滝はなく水量も少ないのでへつることもなく通過。



正面にオオユナラノ沢が入り、本流はここで右に曲がる。すぐに谷が狭くなってゴルジュ帯にはいると6m程のチョックストーン滝が出て来た、見た目ホールドも少なく見える。ここは中級のIさんがリードで登り確保してくれます、見た目通りホールド・スタンスとも細かく少しバランスを崩してヒヤッとしたがなんとか登った。やっぱり右手をかばうのでしっかりとホールドが持てなかったからかな・・・


この沢で唯一ロープが出た滝・・・

滝上からはしばらく小滝やナメが続き天気が良かったらなかなか綺麗な沢だと思うなだらかな6mのナメ滝が出て来て沢はここで右に曲がる。


沢は右に曲がる

また小滝とナメが続き登っていくと正面に幅広10mの滝が出て来たここは左から巻いたがグズグズの斜面は神経を使います。




落ち葉でグズグズの高巻き

滝上からは緩やかな河原が続きH500m付近でお昼。お昼を食べ終わりさらに登っていくと沢はまた右に曲がり5mほどのナメ滝を登りしばらく平坦な河原が続いていくと正面に10mの幅広の滝、見た感じ逆層ぎみここも左手の斜面を登り巻いて沢に下りた。




左を巻く


巻は落ち葉で滑るので慎重に・・・・

大きな滝はここまでで後は平坦な河原が続き右上に炭焼き後の石積みを見ながらさらに登っていくとH570の二俣に到着、ここにも炭焼き後の石積みが残されているから目印になると思う。


正面に炭焼きの石積みが見える。

二俣を右沢にはいるとミニゴルジュ、枝沢も入ってきて5mトイ状の滝は水流が余りなく突っ張りで登る。この辺まで来ると沢巾も狭く細かな枝沢も出てくるので地形図で現在地を確認しながら登っていくほとんど水流が無くなりH640奧の二俣に着いた。



水が涸れた左沢に入り7m程の涸れ滝を登る水流が有ったら面白い滝かも、さらに上に登っていくと三又が出て来て左を登っていくと鍋嵐山の稜線に着いた。


最後の三叉


最後の詰めを登ると


鍋嵐山直下の尾根にでた。辺室山で記念写真

下山はこの尾根を辺室山と物見峠の登山道まで行き辺室山を通って土山峠に下りた。小振りの沢ながら変化に富んでいて面白い沢でした。


星------------------ 〔moguのひとり言〕 ------------------------星
無事に遡行出来てほっ!!たらーっ
でもやっぱり手をかばうので滝の登りではバランスを崩してしまいヒヤッとしたり、絶対に転べないと変に緊張して結構疲れました。

渓友塾の講習も後23日の裏谷急沢を残すのみとなりました〜自分の中で沢友会から初級に入れて貰ったとき、2年間は沢優先でガンバロウ!!と思っていた・・・・なんだかあっという間に2年たってしまったなぁ。今後のことは取りあえず無事に終わってひと息ついてから考えようかな〜と思っている。
沢登り教室中級補講 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする