沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 丹沢・中川川大滝沢マスキ嵐沢 | main | 奥多摩・南秋川矢沢軍刀利(ぐんだり)沢 >>

奥多摩・大雲取谷

※遡行日2009・5/2〜3(日)晴れ
※遡行場所:奥多摩・大雲取谷※2万5千地形図:雲取山



※メンバー: TAKAHASIさん、シゲさん、mogu
※ルート: 2日:地元7:00〜(車)〜日原林道10:25〜(登山道)〜大雲取谷出合い10:35〜(遡行)〜長谷谷出合い11:05/11:10〜ゴンエ谷出合12:15〜小雲取谷出合14:05〜H1360m付近泊場15:55
3日:泊場8:40〜(遡行)〜六間谷出合8:55〜大ダワ林道9:13/9:25〜(登山道)〜日原林道着10:50〜(車)〜地元着14:00

GWに一泊で沢登り行きましょうと誘われ、moguさん行きたいところ有る?と聞かれたので私が初めて沢登りをした大雲取谷をリクエストして行くことになった。でも、今年2回目で泊まりの沢に行くことになってちょっぴり不安だけど、日帰りできる沢を一泊でいくし2人ともベテランなのでがんばって付いていこうと思う。

泊まり装備も久しぶりに用意する、夕食の食担でなるべく軽量化を考えたけど飲み物とおつまみは軽量化出来ずいつもと一緒になった。パッキングして計ってみたら12キロ、去年の泊まりと同じくらいの重さ去年より沢を歩いていないのでどうなるかな・・・頑張って歩くしかない。

シゲさんが6時40分家に迎えに来てくれた、朝早く重たい荷物を担いで家を出なくていいなんて〜ありがたい事です。今日は連休の初日、高速も混んでいるとの情報だったので所沢から高速を下りて、一般道を走り途中からまた圏央道に入りなんとか渋滞に遭わずにすんだ。順調に奥多摩から日原林道に入って林道に車を止めて準備、ここで肝心の手帳を忘れてきた事に気がつく手帳がないと遡行図が書けない。


日原林道は新緑まっさかり

林道を少し歩き唐松谷登山道を下り入渓場所の吊り橋の所からTAKAHASIさん、mogu、シゲさんの順番で入渓する。すぐに6m小魚留ノ滝、ここは登れないので右を高巻くがガレ場でルート取りが難しい。TAKAHASIさんの後を慎重にたどって無事に高巻き完了、はじめてきたときはロープを張って貰いトラパースしたのを思い出す。泊まりの荷物を担いでゴーロ帯を歩くのも久しぶりなので、まだ何となく歩くバランスがとれない感じなので無理しないで足元を見ながらゆっくりと歩く、2人には申し訳ないけど私のペースに合わせて貰っている。


唐松谷への登山道を下りて吊り橋の所から入渓


小魚留ノ滝

6m小魚留ノ滝を過ぎると右から長沢谷の出合い、それを過ぎると左に大規模な崩壊地が見えてきた。まだ沢の流れはあるが次に出て来た崩壊地では山の半分が崩れていて、水流も完全に伏流水になっている。ここが崩壊したときに谷が埋まってしまった所なのだろうか、この崩壊は収まったようには見えず大雨が降ったら再び崩れそう。


崩壊地が見えてきた


大岩でうまった谷、伏流になっている。

自然の猛威を見ながら河原を歩いていく、大雲取谷は大きな滝は無いしほぼ平坦な歩きなのだけど水量が多いので淵が深い。権衛谷手前のゴルジュに難しい巻があってここの取り付きも間違うと大きな事故になりそうなところ、TAKAHASIさん達の会でも過去に滑って落ちた人が居たとのことで慎重に巻きました。


この巻が怖かった

権衛谷を過ぎてまた平坦な河原歩きになり歩いていくと、正面に登山者が歩いているのが見えた。でも登山者は谷を見ないのか私達には気がつかない。


大ダワ登山道を歩く登山者

次に深い釜をもった3m程の滝でてきた夏だと泳いで正面から登れば簡単とシゲさんがいうがこの時期はまだ寒いのでTAKAHASIさんが右をへつってリッジを登る。このへつり最初が滑りそうで怖々いったら滑ってしまいシゲさんに止めて貰う始末、なんとか足場があるところに行きお助けロープを出して貰い登った。


この小滝のへつりがねぇ・・・・・

次に古いシュリンゲがぶら下がっている淵はシゲさんが先に行ってくれシュリンゲを足してくれ腰まで水に浸かりなんとか突破。小雲取谷を過ぎると今日の露営地を探しながら歩いていく、ゴルジュに入ると深い淵を持った二段の滝が出て来てここにもシュリンゲぶら下がっていた。シュリンゲを掴んで腰まで水に浸かりなんとか突破。


左から小雲取谷


シュリンゲがぶら下がっていた。

なかなか良い露営地が見つからずにさらに進んでいくと大雲取谷では一番大きな二条8mの滝が現れて何処登るの?と思っていたら左から簡単に登れた。この頃になると疲れてきたのかバランスが悪くなってきた感じがしてきた、こういうとき無理は禁物だと思いゴーロ歩きも慎重に歩く。


二条8mの滝

なかなか良い露営地がなくて左に枝沢が入る所に、まあここでもいいかな〜と言うところがあった。ここで2人荷物を置いて偵察に行きもっと良いところを見つけたのでそこに向かい露営地に着きました。早速整地をして寝床を作ります、TAKAHASIさん達はタープではなくツエルト派。シゲさんが新しく買ったというモンベルのツエルトは中に2本ポールを入れればテントみたいなつくり、私も自分の持っているツエルトを張ってみることにした。これも雨の心配が無いから出来るけど私のだと雨が降ったら使えない、1人用のタープも持っているので今度はそれも試してみよう。



それぞれおつまみを持ってきてまずは乾杯〜夕食の担当は私で何にしようかさんざん考えて餃子鍋を作ることにした。乾燥シイタケ・キクラゲ・ワカメと白菜と葱を入れ、冷凍の水餃子を入れて出しは中華スープ、黒コショウを入れすぎてしまったけどピリ辛で結構美味しかったと言って貰えましたが、調味料を入れるときには気を付けなくちゃね。焚き火にあたり飲んで食べてそしてなんとシゲさんのケイタイでカラオケ!!で歌って・・・・いつしか記憶がなくなり・・・朝になりました。


----------------------------------------------------------------

2日目に続く
5/3
二日酔いです〜昨日思っていたよりも上流で露営できたので今日は少し登れば遡行終了場所なので朝もゆっくり出来る。朝食はシゲさんのマイタケ山菜蕎麦、生麺から茹でて作ってくれ二日酔い気味にはちょうど良かった。のんびりとコーヒーを飲んでいるとすぐ上が大ダワ林道なので下山する登山者が歩いているのが見える。



8時40分露営地を出発、すぐに10分ほど歩くと六間谷出合いに付きここから大ダワ林道に登って9時15分遡行終了〜靴を履き替えてから新緑の登山道を下っていくとたくさんの登山者とすれ違う。


この看板の所で遡行終了

雲取山に上る大ダワ林道は日原林道の一番奥にあるので車で来るか、歩きの場合は東日原のバス停から延々と歩いてくるしかない。そんなマイナーな登山道なのにさすがゴールデンウィーク、途中でトレイルランナーの一団とも遭遇した。でも大ダワ林道は林道と言っても幅が狭いし片側は大雲取谷で走るのは危ないのではないかと思ったけど、前に来たときはマウンテンバイクにも会ったので走る人は何処でも有りなのね。上部はまた芽吹きもはじまったばかりでしたが、下に来るに従い新緑で長沢谷の上にあるカツラの大木の所は新緑が見頃で本当に綺麗だった。


長谷谷を渡る手前にあるカツラの巨木


日原林道から見えた崩壊地

車に戻りお昼にはもえぎの湯に着いたが、もう満員だったので入るのを止めてそのまま帰ることになった。お昼過ぎに奥多摩を出て渋滞もなく2時には自宅に着いてしまった。今年二回目の遡行が泊まりで体力的に心配だったけどなんとかついていけて良かった、でもへつりもダメだし後半は疲れてしまった。体力が落ちるのは早いのでトレーニングしなくてはね。

シゲさん運転ありがとうございました、TAKAHASIさんお世話お掛けしました、天気も良く楽しい遡行でした〜これからもよろしくお願いします。
奥多摩 | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

ちしろさん、地元ならではで近くに沢が好きな人がいてラッキーでした。カツラの巨木は一見の価値有りますよ。
mogu | 2009/05/16 5:35 PM
moguさん、以前からのお付合いのようですが、ステキな沢仲間に出会えて良かったですね〜。ナイト二人が同行なんて、チョー羨ましいです!これからも、記録楽しみにしています。
カツラの巨木、すごいわ!!!
ちしろ | 2009/05/15 8:00 AM
※ぜいぜいさん、ほんど!!一日違いだったののね、もしかしていっきさんが入渓点で会ったご夫婦ってぜいぜいさん達だったのかな?小雲取谷は苔の綺麗な癒し系の沢ですよねぇ

沢登りの楽しみはなんといっても焚き火です、ぜいぜい家も是非焚き火にトライしてみてね〜

※teelさん、いつも見ていただきありがとう〜沢登りは道無き道を歩くのでとても大変ですがやはり谷の中で見る景色は格別です。

※いっきさん、ほんとうに一足違いだったようですねぇ〜二軒小屋尾根は大ダワ林道の上を行く尾根ですよね。相変わらず凄いところ歩いていますねぇ。ちなみにくしゃみはしていません。(^^)
mogu | 2009/05/11 9:54 AM
時間を見ると 私が芋ノ木ドッケから大ダワに着いたのが0950だったので 入れ違い位のタイミングだったのかな??
そういえば 芋ノ木ドッケに着いた時 下のほうからクシャミが聞こえてきたけど どなたかされました?(笑)
いっき | 2009/05/11 8:12 AM
拝見しました〜、いよいよ今シーズンの沢登り再開ですね
沢登りって知らないけど、写真見てると登山道なんてないわけだから、
自然そのままの中に身を委ねてく感じがしますね
地形や岩見ながら通れるところを探して通してもらうような・・・・
teel | 2009/05/10 10:46 PM
なんと奇遇です〜
うちは、3日の15時すぎから日原林道に入って4日に小雲取谷、5日から雲取山〜長沢背稜と縦走でした。
3日早く出れていれば、すれ違ったかもだったんですね〜
焚き火、うらやましいなあ。まだやったことないんです。
小雲取谷もとても美しかったです。いいとこでした。
ぜいぜい | 2009/05/10 11:31 AM
コメントする