沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 天覧山岩トレ | main | 奥日光・柳沢川右俣・左俣 >>

丹沢・水無川モミソ沢

※遡行日:2009・6/13(土)晴れ
※遡行場所:丹沢・水無川モミソ沢
※2万5千地形図:大山



※メンバー: TAKAHASIさん、NAKANISIさん、YASUDAさん、シゲさん、TEZUKAさん、mogu
※ルート:地元6:00〜(車)〜戸川林道新茅山荘P 8:55〜(徒歩)〜モミソ沢出合9:10〜モミソ沢遡行〜(遡行)〜大棚10:45/13:05〜(尾根下降)〜新茅山荘P 14:00

13・14日で日光の柳沢に行く予定だったが日光方面の天気は雨の予報、去年行ったときも雨で敗退しているので一週間延期した。さて空いた週末どうしましょうで、天気の良い丹沢方面の沢で沢トレすることになった、場所はモミソ沢に決まり懸垂岩で岩トレの練習をしてモミソ沢を遡行する。

当日は暑いくらいの天気、戸川林道を通って新茅山荘に駐車、たくさんの車が駐まっていてもしかしたら懸垂岩に人がいるかも知れないなと心配になる。林道を歩いて新茅橋から水無川に下りる、ここは去年渓友塾の新茅沢でのレスキュー訓練で来たところだ。下りたら何やらにぎやかと思ったら、やっぱり懸垂岩で二組がトップロープで岩トレをしていた。TAKAHASIさん達が様子を見たが私達の入る余地は無いようで、このままモミソ谷を遡行することになった。


懸垂岩、残念ながら先客がいました

モミソ谷は短い沢ながら入り口からゴルジュが続いていく、水量も少ないので小滝とかチムニー状の滝は突っ張りや細かなホールドを拾って登るのでいいトレーニングになった。



3段11mの滝が出て来て2段目まではそのまま登っていくが最後の5mが立っていてフリーで登るのは難しそう。TAKAHASIさん、NAKANISIさん、シゲさんは水流沿いを登っていったが後の3人はロープを出して貰い登る。ここは岩が脆く登っているときに掴んだ岩が剥がれてヒヤッとした、YASUDAさんも掴んだ岩が剥がれて思いっきりテンションが掛かった、ロープを付けていて良かったわ。



大きな大木が谷を塞いでいてここは左から巻く、ここを過ぎると大棚と言われる12mのカラ滝に着いた。ここでトレーニングするつもりがまたまた先行者がいたので、しばらく待って先行者が下りていったあと私達もここでトレーニングする。


ここにも先客が・・・

まず初めに久しぶりというTEZUKAさんがリードで登る、やっぱりリードすると言うことは緊張感が違う。セカンドでTAKAHASIさんが登りロープを戻してNAKANISIさんがリードで登り私がセカンドで登る。まだロープを戻してシゲさんがリードで登りYASUDAさんがセカンドで登る上では確保の仕方の確認してお昼。


久しぶりのリードだそうです


確保システムの確認

午後からは懸垂で下り、ロープを固定して登り返しの練習。私はバッチマンで登る高さがあるし上の方が立っているので緊張する、他の人達はロープマンを使って登ったりしていた。


ロープを固定して登り返しの練習

いろいろとやっていると時間が経つのが早い、下山は左の尾根を下降して水無川まで下り沢を渡ったところが新茅山荘の下だった。


判りやすい尾根を下る。


新茅荘の裏から出る、ここにヒルがいた感じ

ひと登りで車の所に到着〜やれやれと思っていたらなんとなんとヒルが靴に付いていた、まだ献血はしていなかったのでほっとしたが何処で着いたの?尾根の下降ではなく、水無川を渡り新茅山荘までの登りで着いたのかもしれない。しかしこんな所にいるなんて・・・・しばらくこの山域は来られないわ。
丹沢 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

MINMINさん、まさにその通り(笑)
水量も少なくて岩トレの感じでした。

ここが初めての沢だったのですか、私達が登っていたときも、単独の男性が登って来たのですが運動靴でしたよ〜(^^)
mogu | 2009/06/21 7:33 PM
沢登だけど、実質岩トレみたいな山行でしたね。とっても充実しているみたい!
実はこの沢は、生まれて初めて行った沢。大学生の時にジョギングシューズで行っちゃいました。。。。当然まきまくりでしたが。 
若いって無茶できるなと懐かしく思ってしまいます。いつか再訪してもいいかも。
MINMIN | 2009/06/20 10:04 AM
コメントする