沢登りブログ

moguの沢登り体験記
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 丹沢・水無川モミソ沢 | main | 奥秩父・一之瀬川竜喰谷 >>

奥日光・柳沢川右俣・左俣

※遡行日:2009・6/20(土)晴れ〜21(日)雨
※遡行場所:奥日光・柳沢川右俣・左俣
※2万5千地形図:中禅寺湖・丸沼・男体山



※メンバー: TAKAHASIさん、NAKANISIさん、YASUDAさん、シゲさん、mogu
温泉 日光・やしおの湯

※ルート:
20日:地元5:00〜(車)〜赤沼駐車場7:35/8:25〜(バス)〜西ノ湖入口8:47/9:00〜(林道)〜柳沢川渡渉点9:45/10:10〜(登山道)〜柳沢入渓10:45〜(遡行)〜H1700付近泊場11:30/12:00〜右俣遡行〜黒岩の滝12:20〜H1950付近尾根13:20〜左俣右沢H1900の支流14:10〜(支流下降)〜左俣右沢出合14:50〜(左俣右沢下降)〜左俣左沢出合い15:56〜(左俣下降)〜泊場16:10


今年2回目になる泊まりの沢はまたまた私のリクエストで奥日光の柳沢、この沢は去年渓友塾で途中まで行き雨で敗退してきた沢でした。本当は先週行く予定でしたが梅雨のまっただ中、日光方面の天気が悪かったので一週間延期になった。この時期の天気予報はコロコロ変わり今週天気予報良かったのに日曜日が悪い予報に変わってしまった。こういう場合リーダーは判断に苦しむところだと思う、でも本来なら日帰りが出来る沢なので土曜日に遡行して、翌日は下山するだけにしようと言うことになった。問題はもう一つ、この時期の奥日光はクリンソウ狙いで秋の紅葉に次いで混む。去年は駐車場に入れずバスに乗るのが遅くなり入渓も遅くなってしまったので、今年はなるべく早く行くことにした。

地元を5時に出発、順調に東北道を走り宇都宮道路にはいると小雨が降ってきた〜なんてこった。いろは坂を登るときには車の中はお通夜状態(笑)、温泉に入って帰ろうかなんて話しながらもう半分入渓は諦めていた。ところが明智平を過ぎて長いトンネルを抜けると・・・なんとなんと太陽が出ていた。中禅寺湖畔を走っていると青空になってきて、それまで沈んでいた車の中もいっきに明るくなった。こんなこともあるから山は行ってみないと判らないとは良く言ったものですね。7時40分に赤沼駐車場についたらすでに満車状態、辛うじて駐車することが出来た。7時50分のバスが出てしまったので次の8時25分のバスに乗るがこのバスも満員、まだ一度も千手ヶ原には行ったこと無いのだけどそんなに良いところなのかしらねぇ〜私達は西ノ湖入り口で下りる。


赤沼駐車場、乗るバスと後は男体山

バス停で支度をして9時に林道を歩き始めるカラマツ林の道を気持ち良く歩いき45分ほどで柳沢の徒渉点到着、ここで沢装備を付けて少し休憩する。柳沢を徒渉して赤岩滝出合いまでついている踏み跡を歩いていく、赤岩滝の見学は先を急ぐので今日はパス〜明日天気が良かったら見に行くことになった。


バス停を出発〜途中咲いていたクリンソウ


赤岩滝までの踏み跡を歩く

入渓してしばらくゴーロ歩き、右に綺麗なスダレ状の枝沢が見える。しばらく歩くと崩壊地が出て来た去年よりも崩壊が進んでいる感じがする。ゴルジュ内の大岩が有る子滝の壁も崩壊していて大雨が降ると谷が埋まってしまうのではないかなと心配になる。ゴルジュを抜けるとトイ状の滝、次に出てくるのが4m程のスダレ状の滝、ここは左から簡単に登れる。この滝を登るときれいなナメになりすぐに二俣、露営地はこの二俣のすぐ上の左側。露営地に着きツエルトを張り余分荷物をそこに入れて右俣を遡行するために出発する。


雪渓が少し残っていた〜


右俣出合いのナメ

少し戻り右俣に入る右俣もナメ床が続き歩いていくと4mのトイ状の滝の後次に出て来たのが7mの幅広のスダレ状に水が流れている滝、天気も良くなり水しぶきがキラキラしていてきれい!!左を登ったが水が冷たかった。


右俣に入る。


スダレ状の滝〜

この後も同じようなスダレ状10mと4mの滝がつづくがどの滝も登りやすい。右に大きなスダレ状の滝が出て来てそっちに登っていきたくなるが地形図を見ると本流は左、少し行くと右俣最大の黒岩の滝が出て来ました。


枝沢に掛かっていた10mスダレ状の滝〜登ってみたくなる。

二段になっている何メートル有るのかな?赤岩ノ滝よりも小振りですが黒岩ノ滝も迫力が有る。見るからに登るのは無理なので左から巻く、滝の上に下りる下り口が滑りそうで慎重に下りる。


黒岩ノ滝 ひらめき大きくなります

黒岩ノ滝の上に行くとこの沢最大じゃないかと思われるスダレ状のナメ滝15mが目の前に現れる〜上は青空、みんなで滝を見上げてしばし見とれる!!この滝を見るとこの柳沢人気があるのが良くわかる。


ひらめき大きくなります。

水流右側から登れるが高さがあるので慎重に登って登り終わりの所で休憩を取った、振り向くと日光の山々が見える。お日様にあたりながらなかなか良い沢だねとみんなで話す、遡行記録を見るとこの滝が終わるともう大きな滝は無くなるらしい。実際に歩くとこの先はゴーロ帯になりしばらく登っていくと水も無くなる。沢が右に大きく曲がるところで地形図を見ると、2004mの標高点の尾根を登っていくと左俣に入れそう。時間も13時を過ぎているので稜線まで行かずにここで左俣に入る事になった。左の尾根はヤブもなくいかにも登ってくださいという感じでかすかに踏み跡が付いていた。


H1970地点で尾根に登る

地形図を見ながら2004mのピークを左に見てコルから少しトラバース、左俣の支流を目指して小さな沢を下降したが沢に下りる下り口が見えないのでここはダメと言うことになりまた登り返し、もう少しトラバースしていくとさっき下りようとした枝沢に突き当たった。地形図からこの沢を渡りもう一つの尾根を越せば直接左俣に入れそうなので少しトラバースをして尾根を登って行くと左に沢現れここで沢に下りることにするが、左俣はもう1つ尾根を越したところでした。


笹藪をトラバース


枝沢に下りる

滑床の沢下降になり2回滝を懸垂下降すると左俣のH1900m地点に合流できた。ここから左俣右沢を下降していく、右沢もナメが続き2段8mのナメ滝と10mの樋状の滝で懸垂下降、沢は登るのより下降する方が難しい。10mの滝を下りるとH1760の左沢との出合いに着くこの後はナメとナメ滝が続く、沢を下降していくと下に露営地が見えてきた、最後の滝は3人が懸垂で下りて無事露営地に到着。


枝沢を下降


左俣の奧二俣


露営地に到着

ツエルト二張り張りましたが、翌日の天気が下り坂なので念のために荷物入れとして私のタープも張ることにした。薪も使ってくださいと言わんばかりに有り、薪拾いもあまりしなくて済んだ、今回YASUDA料理長が参加しているので夕食が楽しみ〜その前にみんなで柳沢に乾杯!!夕食のメニューはなんと手作り餃子とリゾット、餃子も中の具が鶏挽肉とキムチでひと味違う、焼かずに水餃子でいただきました。みなさんは遅くまで盛り上がっていたようですが私は早々とダウンしちゃいました。


まずはかんぱ〜い


沢で餃子を作る・・・

----------------------------------------------------------------

21日:泊まり場5:35〜(柳沢下降)〜赤岩滝分岐6:30/6:40〜(登山道)〜柳沢徒渉点7:00〜西ノ湖バス停7:50/8:24〜(バス)〜赤沼駐車場8:50〜(車)〜やしおの湯〜地元14:30


夜半過ぎから雨の音がしてきて降ったりやんだりしている、予報より降り出しが早くなってきたのかな〜去年と同じだわと思いながら寝ていた。今日は夏至1年で一番日が長い、明るくなるのも早く起きて外に出てみたらまだ雨は降り続いていた。みんな起き出してきたので雨脚も強くなってきたので早めに撤退することにして支度をする。朝ごはんは食べずに行動食を口にしてから早々に出発、昨日登ってきた沢を下降する。崩壊している場所を通過するときはヒヤヒヤ物でしたが無事に通過、水も濁ってきたので早く撤退したのは正解でした。赤岩滝の所で小休止そこからは踏み跡をたどり徒渉点まで戻り徒渉したところでやっとほっとした。


去年と同じだぁ〜


徒渉点、水が濁ってきている

林道を戻り西ノ湖のバス停に戻ると雨だというのにハイカーが歩いていたのにはびっくり(笑)バスの時間まで30分ある。待っていると赤沼駐車場方面からのバスがやってきて結構人が乗っている、8時25分赤沼方面のバスに乗ると私達だけかと思っていたら5〜6人の人達が乗ってきていた。人のことは言えないけどこんな雨なのにみんな良く来るなぁと感心してしまった。


西の湖バス停

駐車場に着きいつもは温泉に寄らないメンバーも今回は寄っていくことになり、去年も行ったやしおの湯に入って帰路に着いた。去年遡行できなかった柳沢、今回登ってみて日光の奧にこんなにナメとナメ滝が綺麗な沢があるなんて思ってもいませんでした。でも赤岩ノ滝出合いから二俣までの崩壊が激しいので谷が埋まらないといいなと思った。

尾瀬・檜枝岐・那須・日光 | permalink | comments(3) | -

この記事に対するコメント

※ちしろさん、明日から森吉山なのね、お天気が良いといいね。森吉はお花の山だし大きな滝も有るようです。楽しんできてね。

※いっきさん、柳沢は朝早く行ければ日帰り出来る沢です。いっきさんが喜びそうな綺麗な滝がたくさんありましたよ(^^)
mogu | 2009/07/01 8:41 PM
こんばんは

柳沢 いいですね〜
みなまるさんや 滝仲間が出かけているので
自分も一度行ってみたいです。
良い滝がいっぱい有るようですね。
いっき | 2009/07/01 6:56 PM
mogu さん
去年のリベンジ、おめでとうございます!
柳沢、きれいな沢ですね、行ってみたいな〜。
私は25日、丹沢でロープワーク講習をしていただきました。そういえば、懸垂下降も久しくゴブサタなので、やっておかないと不安ですね。
明日から森吉山に行ってきます。お天気良ければ登るつもりですが、悪ければ無理せず温泉と鳥見ですね。貴重な“自由時間”を満喫してきまーす。
ちしろ | 2009/07/01 8:35 AM
コメントする